難聴の程度が変われば、補聴器も調整が必要です

検査を受けるおばあさん購入時にはよく聞こえていても、難聴が進めば聞こえが悪くなってきます。

そんなときは、補聴器の調整がオススメです。メガネであれば度数を変える場合、買い替えもしくはレンズの交換となります。しかし補聴器は元々、調整によって色々な聴こえの方が使えるように作られています。そのため多くの場合、補聴器購入後に難聴が進んでも大丈夫なのです。

せっかく良い補聴器を買われても、調整が正しくなければよく聞こえません。最初よく聞こえていたのに、最近聞こえにくくなったという方は、補聴器の再調整が必要です。

お気軽に補聴器店に足をお運びください

調整が面倒な方は、補聴器の汚れを落とすだけでも、補聴器が長持ちしますし、それで聞こえが改善することもあります。お気軽に当店に足を運んでいただき、補聴器を最適な状態に保つことをお勧めしています。

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら


<補聴器のある生活>
日々のメンテナンス
補聴器を落とさないか心配
つけはずしはOK
耐用年数はどのくらい
紛失・故障したら
定期的な調整がオススメ
補聴器と認知症

補聴器の3ヶ月無料貸出

  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について