難聴 について

難聴には、さまざまな種類があります。病気が原因の難聴、ケガが原因の難聴、先天性の難聴、そして日本で最も多いのは加齢性の難聴です。それぞれ難聴が進行する可能性や、適切な対策が異なります。自覚症状の出やすい難聴もありますし、本人が自覚しにくい難聴もあります。

本ページでは、補聴器専門家の視点で、難聴に関する情報をまとめてご紹介いたします。病院やクリニックで行われる各種の聴力検査の結果の読み方、それが意味すること、難聴の進行する可能性や認知症との関係、難聴の予防方法についてもいくらかご紹介します。

※急に聴力が低下する耳の病気に、突発性難聴という病気があります。これは発症後48時間中の初期治療のみが有効です。この症状が思い当たる方は、いますぐ病院へ行って下さい。

新着記事
よく読まれている記事
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について