補聴器が壊れてしまうまでの目安は5年

補聴器の耐用年数のひとつの目安ですが、自立支援法における補装具の給付を参考にすると耐用年数は5年と言われています。
これは補聴器が機械として壊れるまでの目安です。

あくまでも目安で、もちろん一つの補聴器を5年以上、使っている方も大勢いらっしゃいますし、
大切につかえば、その分長持ちします。

耳が遠くなってしまったら

他の心配事として、購入した時より耳が遠くなった場合にまた買いなおさなければいけない?のではないかと心配される方がいらっしゃいますが、こちらについては購入後でも補聴器の調整をすることで大丈夫です。

補聴器は元々、聞こえ具合に合わせて調整して使う道具です。
そのため耳の聞こえ具合が変わっても、調整によって対応できます。
※調整で対応可能な範囲があります。耳の状態が大きく変わると、調整が不可能な場合もあります。

プロショップ大塚でご購入頂いた補聴器は、無料で調整いたします。
お気軽にご相談ください!

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら


<補聴器のある生活>
日々のメンテナンス
補聴器を落とさないか心配
つけはずしはOK
耐用年数はどのくらい
紛失・故障したら
定期的な調整がオススメ
補聴器と認知症

補聴器の3ヶ月無料貸出

  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について