補聴器は『いつも付けなければいけない』ということはありません

寝る時や、お風呂に入る時、顔を洗う時などは、水滴で補聴器が壊れてしまう恐れがあるので、補聴器を外すことをオススメします。

ですが、それ以外の時に『いつも付けなければいけない』というコトはありません。
それはメガネの使い方に似ています。

メガネの場合

・強度の近視で一日中、掛けている人
・老眼で、読書の時だけ掛ける人
・自動車の運転の時だけ掛ける人

と、色々いらっしゃいますように、

補聴器の場合

・テレビを見る時に使う人
・病院で受診する話だけ使う人
・朝から晩まで一日15時間くらい使う人
・外出する時に使う人
・食事の時だけ外す人

と、色々な方がいらっしゃいます。
ご自分の生活、ご家族、両方とご相談して決めていただけば良いかと思います。

ただ、補聴器が初めての場合は、耳になじませていくために・・・

補聴器が初めての場合は、毎日3~6時間程、補聴器を使うことで、耳と補聴器をなじませていくのが良いかと思います。
そうすることで、補聴器とのつきあい方が掴めてくると思います。

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら


<補聴器のある生活>
日々のメンテナンス
補聴器を落とさないか心配
つけはずしはOK
耐用年数はどのくらい
紛失・故障したら
定期的な調整がオススメ
補聴器と認知症

補聴器の3ヶ月無料貸出

  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について