よくある補聴器の失敗要因、トップ5とは?


この記事が「いいね」と思ったら、シェアお願いいたします

よく聞こえない補聴器を、よく聞こえるようにする方法

よくある補聴器の失敗要因、トップ5とは?

「補聴器を買ったけど、うまく聞こえない」「家族が使っているけど、よく聞こえていないみたい」という感想・悩みを持っている方は、大勢いらっしゃいます。買ったけどうまくいかなかった方の『よく聞こえない補聴器を、よく聞こえるようにする』ために、私たちプロショップ大塚では、他店で購入された機種でも、調整などのサポートと相談を受け付けています。
ここでは、よくある失敗例から、当店おすすめの解決策をご紹介します。

pixta_1489878_XL

よくある失敗例 TOP5

1、店員があなたの話をよく聞いていない、理解できていない
2、調整する技術がなかった
3、正しい聴力検査を受けていない
4、効果確認の検査を受けていない
5、出来ないことの説明を受けられなかった

一つずつ、チェックしていきましょう。

チェック1:店員は、あなたの話をよく聞いてくれましたか?

カウンセリング
販売する人が、あなたの困りごとを解決しようと思ったら、あなたの困りごとをしっかりと把握し、理解しなければいけません。
そして難聴による困りごとや症状は、個人差が大きいため、店員はあなたの状態や状況も詳しく知る必要があります。

たとえば、最初の相談で、どんな質問をされるかによって、どこまであなたのことを理解しようとしているかがわかります。

よくある質問としては、
「最近、聞こえなくて困っているのはどんなときですか?」
「自宅や職場など、どんな場所で聞こえづらいですか?」
などあります。

しかし、なかには見逃してしまいそうな困りごとや心配ごともあります。
「いつもではないが、時々小さな声を聞きたい」
「電池が小さくて出し入れできないかもしれない」
「小さくて自分でうまくつけられないかもしれない」
「大きい音がとてもうるさく感じる気がする」

診察をする医者と患者

聞こえの相談相手には、あなたの話をじっくり聞いてくれる人、そして上記のようなことを上手に質問出来る人が望ましいです。
逆に、聞きたいことがあっても聞けない/答えられないような店員さんは、おすすめできません。
補聴器はすぐ購入して終わりというものではありません。聴力検査や、耳の状況に合った調整。定期的なメンテナンスと長いおつきあいになるはずです。
そんな時に大事なのは、話がしやすい人柄と、知識に基づく専門性だと思います。

そして相談の際に大切なことは、あなたの聞こえについての困りごと、解消したい問題、購入する目的、これらをできる限り具体的にすることです。
具体的な目標が決まっていれば、困りごとが解消したか否か、ハッキリして分かりやすくなるでしょう。

とはいえ、具体的にといわれても、それはそれでなかなか難しいことです。
そんなときには「専門資格を持った、聞こえの専門家」の助けを借りましょう。あなたの困りごとや解消したい問題などを、上手に聞きだしてくれるはずです。

最初から、医者にも行かず、聞こえの専門家(例:認定補聴器技能者)が在籍していないお店に行ってしまうと、治療可能な難聴を見逃す可能性があります。
専門家であれば、あなたの難聴の原因が、医療上の問題(中耳炎、耳垢の詰まり、または耳の腫瘍など)があるかどうかを判断できますし、治療できる可能性が見つかれば、適切な病院を紹介してくれます。

すでに購入済みの方も、うまく聞こえないと悩んでいるのであれば、セカンドオピニオンを探すように相談してみましょう。

ここがポイント!

・あなたの話をじっくり聞いてくれる人、些細な困りごとも見逃さずに質問してくれる人を選びましょう。
・相談相手は、相談しやすい間柄と、専門的知識の両方を持つ方が望ましい。
・専門的知識があるかどうかは「専門資格を持っているかどうか」が、一つの目安になるでしょう。
・聞こえの専門資格は、この3つ >「耳鼻咽喉科医師(とくに補聴器相談医)」「言語聴覚士」「認定補聴器技能者」
・すでに購入済みの方も、うまく聞こえないと悩んでいるのであれば、セカンドオピニオンを探すように相談してみましょう。

認定補聴器技能者が常勤しており、公益財団法人テクノエイド協会が定める運営基準に適合していると認定される認定補聴器専門店はこちらから探すことができます。
https://www5.techno-aids.or.jp/shop/search.php

チェック2:専門家が、あなたを担当してくれましたか?
例えば、補聴器相談医や言語聴覚士、認定補聴器技能者などが専門家です。

認定補聴器技能者
よく聞こえるようにするためには、あなたの聴力や聞こえの状態に合わせて、補聴器の音域や音質、出力設定など、きめ細かな調整を行います。この調整がうまくいかないと、どんなに高級で多機能でも、うまく聞くことはできません。

調整について書いた記事があります。こちらもご覧ください。

下の図は、購入したが役に立たないと、耳鼻咽喉科を受診した人の補聴器の状態の内訳を表したものです。
使っている補聴器が役に立たない
上記グラフは、ゼロから始める補聴器診療を参考に当社作成
参照:ゼロから始める補聴器診療

上記の表からわかることは、補聴器を使っても良く聞こえていない人は、もともと自分の聴力に合っていない可能性が非常に高いということです。
これでは使っている意味がありません。
よく聞こえるためには、聴力にあった機種を正しく選び、調整してくれるところへ行きましょう。

ここがポイント!

満足していない人の多くが、調整に不具合あり。

音量パワーの不足は、見た目を重視して選んでしまうことが原因であることが多いです。

あるお客様の例では、『ともかく目立たない、小さな補聴器にしてほしい』という希望を伝えて、耳穴型を購入しました。
しかし、きちんと聴力検査もしないまま作ったので、実はパワーがその方には足りなかったのです。

これでは、どんなに調整してもその方に必要な音量がきちんと入らないので、うまく聞くことができません。

自分に合う補聴器を選び、正しく調整してくれるのは耳鼻咽喉科の補聴器外来、補聴器相談医がいる耳鼻咽喉科、言語聴覚士常勤の総合病院、認定補聴器技能者が常勤している専門店、または補聴器メーカーのコンセプトショップです。

正しい調整できる場所

・耳鼻咽喉科の補聴器外来
・補聴器相談医がいる耳鼻咽喉科
・言語聴覚士常勤の総合病院
・認定補聴器技能者が常勤している専門店
・補聴器メーカーのコンセプトショップ

お客様との接客の様子

調整について書いた記事があります。こちらもご覧ください。

チェック3:密閉型の防音室で、聴力検査を受けましたか?
電話ボックスより広い“部屋”です。

近藤さんのヘッドホン
あなたが購入したお店では、どんな環境で聴力検査をしましたか?
お店の隅っこで受けた方、電話ボックスよりも広い部屋で受けた方とさまざまいるでしょう。

耳の検査では、軽い難聴の人ほど検査設備の整った環境が必要になります。

なぜかというと、防音室が無ければ、軽い難聴や中程度の難聴は、周りの物音の影響で間違った(悪い)検査結果が出てしまうことがあるからです。
軽い難聴の方が、防音室がないお店で購入すると、非常に高い確率で音質調整は失敗します。

正しい聴力検査を受けたいのなら、耳鼻咽喉科や設備の整った防音室のある専門店へ行きましょう。
また、聴力検査を受けたら自分の耳がどんな状態であるか、知ることも大切です。

ここがポイント!

・耳の検査では、軽い難聴の人ほど検査設備の整った環境が必要
・聴力検査は設備が整った防音室が望ましい
・精度の高い検査が、質の高い調整には欠かせません

聴力検査の結果の見方について、こちらのページを書きました。
もし聴力検査を受けたけど、きちんと説明を受けなかったら検査結果のコピーをもらってくると、この記事を読みながら確認ができます。

聴力検査について、こちらの記事もご覧ください。

チェック4:効果を調べる検査を受けましたか?
よく聞こえるためには欠かせません。

佐鳴台聴検室
購入した時に効果確認の検査を受けましたか?補聴器を着けた状態と、外した状態とで、どのくらい効果が出てるのか確認が必要です。

つけている本人の主観評価だけでなく、あくまで数値として確認することも重要です。
実際どのくらい小さな音まで聞こえているか、言葉の聞き取りはどのくらいよくなったのかを確認しないままでは本当に調整が合っているのかもわかりません。

効果確認の検査は、補聴器を着けた状態での聴力検査です。この検査をすることによって、音の高さによって聞こえにくいところはないか、音のバランスを確認します。また、普通会話での言葉の聞き取りがどれだけよくなったか、よくなってないのか確認します。

実際に効果確認の検査とは次のようなことをします。

調整した後、着けた状態でどのくらい聞こえているのかの確認と言葉の聞き取りの検査をします。
加えて、外した状態で同じ位置からどのように聞こえているのか検査します。
この検査をすることで、着けていると、どれくらいの効果があるのかがわかります。

ここがポイント!

・補聴器を着けた状態での聴力検査をしないと、本当に調整が合っているかわかりません。
・実際の効果確認の検査では、着けた状態と外した状態の検査をして比較をします。

下の図はスピーカーから音を出して効果確認した結果です。

△は、補聴器を外した状態での聞こえ、▲は着けた状態の聞こえです。
縦軸は音の大きさ、横軸は音の高さを表しています。表を見ると、外した状態から、どのくらい効果があったかがわかります。

効果確認の図修正2

チェック5:補聴器の限界について、説明がありましたか?
耳の良い人を超えて聞こえるようにはなりません

耳を当てて聞く
補聴器は「難聴者の聞こえを、耳のいい人に近づけること」を目的に開発されています。
基本的に、耳のいい人に出来ないことは、出来るようになりません。

耳のいい人に近づけるための機能として、周囲の騒音を減らして、人の話す言葉だけを選んで、強調する機能があります。

こういった機能を使えば、言葉がわかりやすくなり、耳のいい人の聞こえる状態に近づくことになります。
それでも補聴器を使った『聞こえる状態』は、耳のいい人の健康な聴覚と同じになるわけではありません。

例えば、早口で話す人の声を聞き取るのは限界があります。
テレビドラマやバラエティ番組を見ていると、早口やボソボソ話す声が何を言ってるのかわからないということがあります。
これは補聴器では完璧に解決することが出来ません。音量や音質を調整できますが、話し声のスピードを変えることは出来ないからです。

ここがポイント!

・補聴器は聴力が落ちた耳でも聞き取りやすく音を加工する機械であって、耳が良くなるわけではありません。

テレビ番組が聞き取れない

ほかにも、ある程度以上、難聴が進んでしまうと、補聴器を着けたら直ぐに良く聞こえるというのは難しくなってきます。

言葉や聞きたい音をはっきり聞こえるようにするには、慣れる必要、つまりトレーニングが必要になります。
音が聞こえない状態に慣れてしまった難聴の脳に、最初から十分聞こえる音量に調整すると、うるさくてつけていられません。
だから、音量を段階的に上げていくトレーニングをする時間が必要となります。

ここがポイント!

・難聴が進んだ方は、補聴器を着けても聴力が落ちた状態に慣れているため、すぐに聞こえる状態にはなりません。
・難聴が進んだ方は、音量を段階的に上げていくトレーニングをする時間が必要となります。

また、試聴レンタルなどで、実際に体験したら、感想(良いことも悪いことも両方)を専門家に伝えることが大切です。
補聴器の専門家は、あなたの希望と、体験した感想を伝えれば、もちろんよく聞こえるようにしてくれます。
同時に、良い専門家は、できること、できないことも正直に分かりやすく説明してくれます。

すでに買った補聴器をムダにしない方法

満足していない人の多くが、調整の不具合が原因でした。
言い換えれば、適切な聴力測定と、適切な調整を行えば、満足できなかった補聴器が、満足して使えるようになる可能性は高いです。

ここがポイント!

満足していない人の多くが、調整に不具合あり。

プロショップ大塚の調整サービス

私たちプロショップ大塚では、他店で購入されたよく聞こえない補聴器の相談と調整を承っています。他店で購入された方も、ぜひ私たちにご相談ください。
相談のみの方は、無料です。調整については初回のみ10,800円(両耳の場合、21,600円)をいただき、二回目以降は無料です。

他店で購入されたとしても、調整料をお支払いいただいた方については、先にご紹介した聴覚リハビリサービスを提供しています。
今使っている補聴器に満足していない方は、ぜひ私たちにご相談ください。

また、以下のケースのように耳に合っていない場合、いくら調整しても聞こえが良くならないこともあります。

耳に合っていない補聴器例

・性能の問題で限界がある
・見た目を優先して音量が足りない
・値段を優先して、雑音がうるさすぎて使えない
・購入した後に、難聴が進行して、耳に合わなくなってしまった

こういった場合も、プロショップ大塚にご相談いただければ、わずかな金額ですが、下取りなどさせていただける場合もあります。まずはご相談ください。

ご相談ください


この記事が「いいね」と思ったら、シェアお願いいたします

この記事は
私が書きました

この記事は大塚祥仁が書きました

大塚 祥仁
【認定補聴器技能者】

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

保有資格:認定補聴器技能者、医療機器販売管理者

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について