【コロナウイルス】感染拡大防止への取り組み(お客様と従業員の感染防止に最善を尽くします)

補聴器の種類によるメリットや特徴【サイズがわかる画像付き】


補聴器の種類によるメリットや特徴【サイズがわかる画像付き】

補聴器には色々な種類があります。ほぼ全種類の補聴器について、装着した画像付きで、メリットと特徴を解説します。

オーダーメイド耳あな型、5つのサイズ【画像付き】

お客様の耳穴の形に合わせて作成するオーダーメイド補聴器で、補聴器の部品はすべて、耳あな補聴器のケースに収まります。耳かけ型と違い耳の上には何もかからないので、メガネやマスクひもが干渉することはありません。この補聴器は、販売店でお客様の耳型を採取し、メーカーに送って作製します。

IIC(最小サイズ)

IIC本体と装用画像
 
IICは外から着けていることが見えないサイズの補聴器です。非常に小さく耳の奥に入ります。軽度~中等度難聴に対応します。耳の形によっては、IICサイズの作成が難しい場合があります。
※IICはInvisible in the canalの略称で、まったく見えないという意味です。なおcanalという単語は、通常「運河」と訳されますが「耳の穴」や「外耳道」という意味があります。

CIC(小サイズ)

CIC本体と装用画像

CIC補聴器は耳の奥深くに入り横や後ろから見た場合でもほとんど気づかれません。小さいためパワーが足りないと思われがちですが、実際には軽度~高度の難聴まで幅広く対応します。
※CICは、Completely in the canalの略称で、耳の穴の中に完全に収まるという意味です。

カナル(中サイズ)

カナル本体と装用画像

取り扱いが簡単な中サイズの耳あな型補聴器です。IICやCICより大きくなる代わりに様々な機能が付けられます。充電機能、スマホと接続して音楽を聞く機能、紛失時にスマホアプリで発見を支援する機能などはカナルサイズが必要です。
※カナルは別名ITC(In The Canalの略)とも言われますが同じサイズを意味します。

ハーフシェル(少し大きいサイズ)

ハーフシェル本体と装用画像

カナルよりも見た目がやや大きくなり、補聴器本体に音量・音質を調整するボタンなどを付けることができます。重度難聴の方は、カナルサイズだとパワー不足になることがあるため、ハーフシェルサイズがおすすめです。
※ITE(In The Earの略)とも言われます。

フルシェル(大きいサイズ)

フルシェル本体と装用画像

耳の穴を広く密閉する形の補聴器で、重度を含めた幅広い難聴に対応します。以前からフルシェルを使っている人は、買い替えの際にもこのタイプを選ぶ方が多いです。
※ITE(In The Earの略)とも言われます。

耳かけ型補聴器、3つの種類

耳かけ型:RICタイプ

RICと装用画像

日本で一番売れている種類の補聴器です。補聴器本体が小さく、外からほとんど見えません。メーカー各社が、トリプルマイク雑音抑制、モーションセンサー環境認識など最先端テクノロジーを最初に搭載するのもこの種類です。

※メーカーによって、RIC(Receiver In Canalの略)、RITE(Receiver In The Earの略)、RIE(Receiver In Earの略)とも言われますが同じものです。

耳かけ型:従来タイプ(標準チューブ)

BTE標準と装用画像

従来タイプの耳かけ型補聴器は「BTE」とも呼ばれます。重度の難聴まで対応できます。RICと比べ扱いやすく、高齢の方でも装着がしやすいです。既製の耳せんが耳に合わない方は、オーダーメイドの耳せんを作ることがあります。

耳かけ型:従来タイプ(細チューブ)

BTE細チューブと装用画像

従来タイプの耳かけ型補聴器のチューブを細く目立ちにくい種類に交換したものです。軽度~中等度難聴専用です。RICと比べ、つけ外しが簡単になります。耳垢の多い方や耳の穴が細い方に適合する場合があります。

「耳せんの種類で変わる見た目」

その他の補聴器

ポケット型(箱型)補聴器

ポケット型補聴器
部品が大きく、乾電池が使用されているため、電池交換が容易で取り扱いが簡単です。聞こえを改善する範囲は1メートル程度までが限界です。補聴器を使うご本人ではなく、ご家族が介護のためにお買い求めになるケースが多いです。

既製耳あな型補聴器

既製耳あな型補聴器本体と装用画像

通常のオーダーメイド耳あな型と違い、平均的な耳の形に合わせた既製品の補聴器です。耳の穴の大きさに合わず、奥まで入らない、ムリして押し込んで痛くなる、使っているうちに外れて落ちるなどの可能性があります。

COOL(ワンタッチ補聴器)

COOL本体と装用画像

シーメンス・シグニアというメーカーから発売されている、ユニークな形状の耳あな型補聴器です。通常の耳あな型よりも扱いやすく、手先が不自由な方でも装着しやすい形になっているので別名「ワンタッチ補聴器」と呼ばれます。

マイク分離型耳あな型

マイク分離型本体と装用画像

音を拾うマイク部分が補聴器本体から離れて、耳の形に沿って配置されています。この構造によって、補聴器本体部分を小さく作ることができます。風が吹いた時の雑音や不快なピーピー音(ハウリング)を軽減します。

カチューシャ型骨伝導補聴器

カチューシャ型骨伝導補聴器

骨伝導補聴器は、骨を通して音を聞く「骨伝導」という仕組みを利用した補聴器です。
通常の補聴器が使用できない聴力のお子さんが使用します。ヘッドバンド型とも呼ばれ、子どもが活発に動いても比較的落としにくい種類です。

メガネ型骨伝導補聴器

メガネ型骨伝導補聴器

メガネ型の骨伝導補聴器は、ツル側に電気部品がすべて入っています。ツルは聴力に合わせ2種類あり、パワータイプはツルが太くなります。一般的なメガネ同様、フレームには度付きのレンズを入れることができます。(レンズは眼鏡店での調整が必要です)
※当店ではこのタイプの補聴器は取り扱っていません。

まとめ

この記事では、補聴器店で発売されているすべての補聴器の種類(形状)を画像付きでご紹介しました。もし気になった補聴器があれば、実物・サンプルを見られる補聴器店で、手に取ってご覧になってみて下さい。
なお補聴器は器種によって聞こえ方も変わりますので、購入前の試聴がおすすめです。


本記事に いいね を押していただけると、担当者のはげみになります。よろしくお願いします。

この記事は
私が書きました

大塚祥仁 写真

大塚 祥仁
【認定補聴器技能者】

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

保有資格:認定補聴器技能者、医療機器販売管理者

★ Twitter はじめました。耳の話を真面目に書いてます! : @mimi_otsuka

人気の記事を見る
補聴器 価格・補助金 補聴器の選び方 難聴 よくあるご質問 その他