【コロナウイルス】感染拡大防止への取り組み(お客様と従業員の感染防止に最善を尽くします)

補聴器は定期的に掃除する必要があります。


補聴器は定期的に掃除する必要があります。

補聴器は定期的に掃除する必要があります。

補聴器は、耳の穴に入れる道具です。そのため補聴器の音口(音の出口)は自然と耳垢で汚れます。
そして、ひどい場合には耳垢で補聴器の音口をふさいでしまう場合がございます。
当然、音の出口がふさがってしまうと音は小さくなり、最後には音が出なくなってしまいます。

これを防ぐためには、補聴器は定期的に掃除する必要があります。

補聴器のお掃除は、器種によってそれぞれ違いますが、日々の管理が難しいということはありません。
目安としては、一週間に一度程度、専用のブラシで補聴器を軽くブラッシングすると汚れが取れます。

また、当店でご購入頂いた補聴器は、ご来店頂ければ、いつでも無料で補聴器のお掃除をいたします。

購入後のアフターケアについては、詳しくはこちらをご覧ください

聞こえの困りごとは、いつでも何でもプロショップ大塚へご相談下さい。


本記事に いいね を押していただけると、担当者のはげみになります。よろしくお願いします。

この記事は
私が書きました

大塚祥仁 写真

大塚 祥仁
【認定補聴器技能者】

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

保有資格:認定補聴器技能者、医療機器販売管理者

★ Twitter はじめました。耳の話を真面目に書いてます! : @mimi_otsuka

人気の記事を見る
補聴器 価格・補助金 補聴器の選び方 難聴 よくあるご質問 その他