• トップ
  • 補聴器が安く買える補助金のもらい方は?

補聴器が安く買える補助金のもらい方は?

最大で270,000円以上の補助金!?

補聴器を購入するとき、行政の補助金を使って、安く買える補助制度があります。対象者は、聴覚の身体障害者手帳をお持ちの方です。なんと最大で、270,000円以上の補助金です。現在、身体障害者手帳を持っていなくても、補聴器の購入に合わせて耳鼻科を受診すると「手帳をもらって、補助金も使える」という場合もあります。

それでは身体障害者手帳をもらうための相談の流れ、補助金をもらうための手続きの流れを、それぞれ見ていきましょう。

補助制度イメージ

※なお本人の体調などによって以下の手続きが難しい場合、検査以外の手続きはご家族に代理してもらえることがあります。お住いの市役所へ相談してみて下さい。

※プリントしてご利用したい方は、下のボタンから概要をまとめた「手続きマニュアル」(A4資料)がダウンロードできます。ご自由にご利用ください。

あなたの聴力は、手帳が該当する?
1.聴覚の身体障害者手帳を取得する手順!

1-1 耳鼻咽喉科の身体障害者指定医師を見つける。

「指定医師ってなんだ?」と思いますよね。身体障害者手帳の発行は、行政の制度です。そのため手帳発行については、地域の行政機関と連携している医師に相談します。市役所などへ相談すれば、耳鼻咽喉科の身体障害者指定医師の名簿をもらえます。または電話や FAXで、自分の住所を職員に伝えて、一番近くの指定医師を教えてもらいましょう。

指定医師イメージ

※プロショップ大塚にご来店いただければ、聴力検査の上、ご自宅近隣の身体障害者指定医師をお調べできます。ぜひご来店ください。

1-2 耳鼻咽喉科で「身体障害者手帳に該当するか診て下さい!」と言って受診する。

耳鼻咽喉科の先生は、基本的には「治療すること」が主なお仕事です。すべての先生が、補助金などの福祉制度に積極的なわけではありません。受付と先生の両方に「聴覚の身体障害者手帳に該当するか診ていただけますか?」と伝えましょう。

聴力検査の結果で、あなたの聴力が分かります。聴力によって、手帳に該当するか、先生が診断してくれます。なお、もし治療で聴力が回復する可能性がある場合、手帳は治療が完了するまでもらえません。

以下1-3~1-5は、先生から「手帳が該当する」という診断がもらえた場合です。

1-3市役所などの窓口で、身体障害者診断書という専用の用紙をもらう。

指定医師に診断してもらったら、市役所(区役所)に行って、【身体障害者診断書】という専用の用紙をもらいます。担当の課が分からないときは、総合受付で「身体障害者手帳の担当はどこですか?」と聞きましょう。教えてもらえます。

※地域によっては、この用紙を耳鼻科の先生が持っていますので、ここは省略できる場合もあります。

1-4身体障害者診断書を、指定医師に渡し、記入してもらう。

もう一度、病院へ行って、先生に【身体障害者診断書】を書いてもらいましょう。この際、持っていった当日には書いてもらえません。受付で用紙を渡すと「できたらご連絡します」と言われます。およそ一週間から二週間ほどかかるようです。なお診断書を書いてもらう料金は、病院によって異なり、500円から8000円と様々です。

後日、【記入済み身体障害者診断書】を受け取りに行きましょう。

1-5 市役所などの窓口で、手帳取得の申請手続き。

市役所の窓口へ行く際、必要なものは【記入済みの身体障害者診断書】【印鑑】【写真(身分証明書用)】の三点を持っていきます。必要なものを用意して行けば、あとは窓口で説明してくれます。

手続きから、一ヶ月程度で、手帳が発行されます。受け取り方は、窓口での手渡しや郵送など、地域によって異なります。詳しくは、お住いの市役所窓口にお問い合わせ下さい。

身体障害者手帳イメージ

身体障害者手帳は国の制度です。
ぜひ活用しましょう

意外とみんな知らない補助金制度
2.補聴器を安く買うための手順(聴覚の身体障害者手帳を持つ人)

聴覚の身体障害者手帳をもらったら、次は補聴器の補助金をもらうための手続きです。最初の一回目は手間がかかりますが、補助金は5年に一回もらえますし、二回目移行は簡単になります。また補聴器の修理代も格安(修理代の90%が補助金!)になります。

他に手帳を取得すると、タクシー、電車、バス代が安くなったり、携帯利用料が半額になったりします。また介護保険サービスを利用中の場合、そちらの利用料が安くなる場合もあります。

2-1 市役所の窓口で「補聴器の意見書」

聴覚の身体障害者手帳をもらったら、市役所(区役所)に行って、【補聴器の意見書】という専用の用紙をもらいます。

※地域によっては、この用紙を耳鼻科の先生が持っていますので、ここは省略できる場合もあります。

2-2 補聴器の意見書を、指定医師に渡し、記入してもらう。

もう一度、病院へ行って、先生に【補聴器の意見書】を書いてもらいましょう。この際、持っていった当日には書いてもらえません。受付で用紙を渡すと「できたらご連絡します」と言われることが多いです。およそ数日から一週間ほどかかるようです。

後日、【記入済み補聴器の意見書】を受け取りに行きましょう。

2-3 【記入済みの補聴器の意見書】を、補聴器専門店に持っていき、見積書をもらう。

補聴器専門店へ、医師の書いた【記入済みの補聴器の意見書】を持っていくと、意見書を元に【補助金申請用の見積書】を作成します。ここで書く見積書は、医師の書いた意見書を元に作成するため、高額に書くことは出来ません。地域行政のルールにのっとった見積書を作成します。

プロショップ大塚では、当日に【補助金申請用の見積書】を作成、お渡しします。

※基本的に、見積書を発行してもらった補聴器専門店で、補聴器を購入することになります。どのお店で買うか迷っている場合は、購入するお店が決まってから次の手続きに進みます。

2-4 市役所などの窓口で、補助金申請の手続き。

市役所の窓口へ行く際、必要なものは【記入済みの補聴器の意見書】【補助金申請用の見積書】【印鑑】【身体障害者手帳】の四点を持っていきます。必要なものを用意して行けば、あとは窓口で説明してくれます。

この手続きから一ヶ月程で、補聴器の支給決定通知書がご自宅に届きます。補助金の金額は、見積書の90%ほどになることが多いようです。なお補助金が支払われる方法は地域によって異なります。お住いの市役所窓口または補聴器を購入する販売店にご相談下さい。

地域や条件で変わる!
3.補助金の金額はいくら!?

補助金の金額は、医師の書く【補聴器の意見書】によって決まります。しかし、およその金額は手帳の等級、職場環境、耳の穴の形、両耳分の許可がもらえるかなどによって、事前に分かります。

条件
(手帳の等級など)
基準額(片耳)
4級~6級 43,900円
2級~3級 67,300円
仕事でヘルメットを使う 87,000円
仕事でヘルメットを使い
かつ耳の穴の形状が特殊
137,000円

補助金は、両耳(2倍)もらえるのか?

両耳に補聴器を使う場合、補聴器購入にはおよそ2倍のお金がかかります。補助金は、両耳分もらえるのでしょうか。これは医師の意見書と、地域行政の方針によって決まります。

基本的な厚生労働省の方針は、子供や学生の場合と、両耳でないと仕事上の危険がともなう場合(例、工場勤務で音の方向が分からないと明らかに危険など)に限られるようです。予算が潤沢な自治体では、両耳分の補助金がスムースにもらえる場合も稀にあるようです。

補聴器購入の補助金制度を扱う自治体が増えています!
4.身体障害者手帳が無くてももらえる補助金

ここに紹介した補助金は、厚生労働省つまり国が管理する制度です。基本的には全国すべての自治体で申請することが出来ます。この他に、地域によっては聴覚の身体障害者手帳に該当しない軽い難聴の方でも、補聴器購入の補助金が貰える場合があります。

特に子供向けの補聴器購入の補助制度は、2016年ころから、色々な自治体で増えています。現在、プロショップ大塚では可能な限り調査して、まとめようとしています。興味をお持ちの方は、ご一報いただけましたら、お住いの地域について、優先的にお調べいたします。ご相談だけの方も、遠慮なくご連絡ください。

※プリントしてご利用したい方は、下のボタンから概要をまとめた「手続きマニュアル」(A4資料)がダウンロードできます。ご自由にご利用ください。

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら

  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について