高い補聴器と安い補聴器の違いとは?


友だちとシェアする

値段で何が違うの?

高い補聴器と安い補聴器の違いとは?

補聴器の価格差は大きく、通販で数千円のもあれば、100万円以上する高級品もあります。
一体どのくらいの値段の補聴器が良いのでしょう?

一番安い通販の補聴器から、専門店で取り扱っている最高級品まで、それぞれの特徴と選び方をご紹介。
自分にあった補聴器を選ぶおすすめの方法を紹介します。

※初心者用の情報を1ページにまとめました。こちらを読めば、補聴器についてほとんどわかります。
補聴器購入ガイド:補聴器を考え始めたばかりの人へ|プロショップ大塚

通販の最安補聴器
5,000円~15,000円程度

よく新聞の広告欄に記載されているタイプです。厳密にいうと補聴器ではなく、集音器や助聴器である場合も多く含まれています。
※「補聴器」は厚生労働省から正式に「医療機器」として認定されていますが、「集音器」「助聴器」は医療機器として認められていません。

◎ メリット

電話1本で手軽に購入できる。
安いので、購入後 もし聞こえなくてもあまり懐が傷まない。

× デメリット

聞こえ具合が良くなくても、音量以外の調整ができない。
耳の形や音が合う人合わない人がる。
ピーピー鳴りやすい。
雑音がうるさい。

☆ この補聴器が向いている人

一時的に、とりあえず使いたい人。
難聴の程度が軽い人。
とにかくお金をかけたくない人。

【参考】補聴器と集音器、助聴器は別物です。|プロショップ大塚

威風堂社 耳かけ集音器 快音くん 2,000円程度
威風堂社 耳かけ集音器 快音くん 2,000円程度
シナノケン社 美聴 36,000円
シナノケン社 美聴 36,000円

通販でよく売れている補聴器
15,000円~50,000円程度

「補聴器」として認定されているものが多いです。

◎ メリット

電話1本で手軽に購入できる。
比較的安値なので、購入後聞こえにくくてもあまり懐が傷まない。
ピーピー音をとめる機能があるものもある。
周りの音を大きくするだけではなく、話し声が聞きやすいように音質を替える機能があるものもある。

× デメリット

聞こえ具合が良くなくても、調整ができない。
耳の形や音が合う人合わない人がる。
取り扱いの説明が説明書かコールセンターしかない。
補聴器を使った効果を測定できない。
ピーピー鳴りやすい。
雑音がうるさい。

☆ この補聴器が向いている人

インターネットが苦手で、電話で注文したい人。
難聴の程度が軽い人。
取扱説明書を自分で読み、設定ができる人。

【参考】集音器は、あなたの難聴を助けてくれる?|プロショップ大塚

パイオニア社 イヤー・メイト PHA-B51 59,800円
パイオニア社 イヤー・メイト PHA-B51 59,800円
オムロン社 イヤメイトAK-04 25,000円
オムロン社 イヤメイトAK-04 25,000円

専門店で販売している最安値補聴器
50,000円~100,000円程度

専門店のサービスが受けられる中では、もっともお値打ちです。

◎ メリット

専門店での詳しい検査結果に基づいた調整ができる。
購入後聞こえが悪いとき、相談、検査、調整などしてもらえる。
対面で、取り扱いの説明が受けられる。
補聴器を使った効果が測定できる。
ピーピー音を抑える機能がある。
雑音を抑える機能がある。

× デメリット

店舗に来店する必要がある。
検査や調整に時間がかかる。
周りの騒がしさによって音量の調節や音質の切り替えを自分でする必要がある。

☆この補聴器が向いている人

騒がしい場所で大事な話を聞く機会が少ない人。
自宅での家族の話やテレビの声が聞こえれば満足な人。
店舗に来店することができる人。
調整や検査に時間をかけても良い人。

※この価格になると、高齢者向けに「取り扱いが特別簡単」な補聴器が選べます。
取り扱いが簡単なオススメ補聴器|プロショップ大塚

ワイデックス社 D03-FS 98,000円
ワイデックス社 D03-FS 98,000円
フォナック社 タオQ15 98,000円
フォナック社 タオQ15 98,000円

専門店でよく売れている補聴器
200,000~330,000円程度

この価格になると、雑音を抑える機能やピーピー音を抑える機能は大幅に強化されます。加えて、他にも様々な機能があります。
アクセサリ(周辺機器)と組み合わせて使用することで、テレビや携帯電話の聞き取りがよくなります。

◎ メリット

安い補聴器と比べると雑音が静か。
周りの音環境を感知して、補聴器が自動で音の調節をする。
周辺機器を利用して、テレビや携帯電話の聞き取りをよくすることができる。

× デメリット

店舗に来店する必要がある。
検査や調整に時間がかかる。
金額が高い。

☆この補聴器が向いている人

騒がしい場所で話を聞く機会がある人。
店舗に来店することができる人。
調整や検査に時間をかけても良い人。

※この価格になると、外からまったく見えず、目立たない極小サイズの補聴器が選べます。
とにかく目立たないオススメ補聴器|プロショップ大塚

GNリサウンド社 LS761-DRW 250,000円
GNリサウンド社 LS761-DRW 250,000円
フォナック社 オーデオV70 320,000円
フォナック社 オーデオV70 320,000円

専門店の最高級品
490,000~510,000円程度

現在発売されている補聴器のできることが全て詰まった補聴器です。
この補聴器でできないことは「補聴器の限界」と考えて良いでしょう。

◎ メリット

音質が非常に良い。
周りの音環境を感知して、すべて自動で細かく音の調節をする。
修理保証や紛失保証の期間が長い。
この価格になると、一部の補聴器は、耳のいい人を超えてよく聞こえる場合がある。

× デメリット

店舗に来店する必要がある。
検査や調整に時間がかかる。
金額が高い。

☆この補聴器が向いている人

騒がしい場所で大事な話を聞く必要がある人。
より良い聞こえにこだわりたい人。
自分でボタンを押して補聴器の音量調節や音質を変えるのが面倒な人。
補聴器をつけたら、何もしなくてもそのままでどこでも快適に話を聞きたい人。

シーメンス社 インシオ7PX 500,000円から
シーメンス社 インシオ7PX 500,000円から
ワイデックス社 ユニーク440 FSタイプ 500,000円
ワイデックス社 ユニーク440 FSタイプ 500,000円

自分にあった補聴器を選ぶときにオススメの方法

補聴器を借りて、実際に使ってから考えよう!

結局、自分の聞こえ具合に合うかどうかは、実際に試して、体験するのが一番確実です。

通信販売であれば、数日以内は返品OKというお店があります。
補聴器専門店の中には購入前に補聴器の貸し出しサービスを行っているお店があります。

これらのサービスを使って、普段の生活の中で、いつも通りに暮らしていただき、実際に試してみるのが一番確実です。

なお試聴・体験サービスは、店内限定というお店もあります。
お店の中は、ご自宅の状況とは当然違います。ご自宅や習い事の会場のように場所も違えば、会話が大切な人もいればテレビや電話、音楽など、聞きたい音も違うはずです。実際の生活の場所で体験できるサービスがおすすめです。

とくに初めて補聴器を使う方で、最初から確実によく聞こえるようになりたい方は、レンタルサービスや、返品の無料期間を活用して、一ヶ月程度は、実際に補聴器を使ってみましょう。
よく聞こえない補聴器で失敗することなく、よく聞こえる補聴器だけを選ぶことができます。

※補聴器を借りて試す期間に、確認する大事なポイントをまとめました。
補聴器の値段と選び方、自分で比較する3つのポイント|プロショップ大塚
初心者のための補聴器の選び方・買い方|プロショップ大塚

補聴器を借りる前に、確認しておきたいこと

補聴器を借りてみたら、無料だと思ったら電池代は必要だったとか、落として壊れてしまったけど弁償させられるのかしらとか、心配なことは先に聞いておきましょう!

補聴器を借りるときに、ぜひ確認してほしいポイントをお伝えしておきます。

  • 貸出期間 — 当然、長いほうがより確実に試せます。
  • 本当に無料なのか — たとえば電池代だとか、保証金がいるのか、買わなくても大丈夫か、など。
  • 途中で、器種の変更ができるか — いろんな機種、メーカーを試すと、補聴器それぞれの個性が見えてきます。
  • 壊れたり、無くしたら — 借りた補聴器が壊れた時や紛失した時、どこに連絡したらいいのか、お金がかかるのかなど。

そして、ここで ちゃんとお話ができる店員さんかどうかも、実は大事なことだと思っています。
(通信販売でも同様でしょう。ちゃんと電話が通じるか、話をきいてもらえるか、質問に答えてくれるかなど)

ちゃんと、言いたいことが言えるお店の雰囲気や店員さんかどうか。

特に、補聴器専門店で買う場合、しばらくしてから補聴器を再調整してもらうなど、何かとお世話になるはずです。
長く補聴器を使うために、良い店員さんに会えるかどうかは、一番大事なことかもしれません。

高い補聴器と安い補聴器:まとめ

高い補聴器と安い補聴器の違いをご説明しました。参考になりましたでしょうか?

手間をかけずに「聞こえればラッキー!」ぐらいの気持ちで通信販売の補聴器を購入することもできますし、専門店で検査結果に合わせて調整された「よく聞こえる」補聴器を購入することもできます。

「値段にも聞こえにも安心・納得してから買いたい」とご希望でしたら、ぜひプロショップ大塚の試聴貸出サービスをご利用ください

認定補聴器専門店プロショップ大塚へのご相談はこちら 安心無料相談フォーム|プロショップ大塚

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら

人気記事


友だちとシェアする

この記事は
私が書きました

この記事は大塚祥仁が書きました

大塚 祥仁
【認定補聴器技能者】

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

保有資格:認定補聴器技能者、医療機器販売管理者

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について