このページのトップへ

静岡県浜松市のプロショップ大塚。補聴器無料貸出しいたします。補聴器の、耳の聞こえ、難聴の事ならお任せ下さい!

めまいと難聴になるメニエール病、原因と再発予防

メニエール病は、世界がグルグル回転するようなめまいが起こります。同時に、耳鳴りや難聴などの症状をともなう病気です。慢性化すると日常生活にいろいろな支障が出ます。初期の段階で適切に治療すれば回復します。初期症状を見逃さないよう、このページではメニエール病の症状と対策をご紹介します。

メニエール病って、どんな症状?原因?再発するの?

メニエール病は、めまいをともなう耳の病気で、難聴の原因にもなります。初期の主な症状は、世界が回って感じる回転性のめまいと、片耳の難聴・耳鳴り・耳の閉塞感があります。ほとんどの人は、なんの前触れもなく症状が起こり、吐き気をともなうこともあります。初期の症状は発作的で、数分から数時間ほど持続します。この時間の間は、立っていることもままならず、じっと横になっていることしかできません。

数時間ほど経過すると、一時的な難聴や耳鳴りの症状はおよそ回復します。しかし発作を何度か繰り返すと、難聴の症状は徐々に進行していきます。メニエール病が原因で、慢性的な難聴になった場合、音に対する過敏性が強まることがあります。具体的な例では、ドアを勢いよく閉める音や、包丁でまな板を叩く音などに対して、強い不快感を感じる場合があります。

頭痛の写真

メニエール病を含むいろいろな難聴について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

メニエール病の原因は、ストレス?

メニエール病は、30~50代の女性が多く発症すると言われています。最近では働き盛りの男性が発症することが増えているため「ストレスや疲労がメニエール病の要因」ではないかと考えられています。メニエール病が発症する原因は、まだ解明されていません。
ストレスのほかに、メニエール病の要因として考えられているものは、肉体的・精神的な疲れ、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、生活習慣の乱れ、几帳面な性格などがあげられています。
最も大きな影響は、気候の変化です。とくに寒冷前線が通過する際には、メニエール病を発症する人が非常に多くなります。寒冷前線が通過する際、または気圧の変化が大きいときには、ストレスが少ない生活、規則的な生活を心がけると、予防できる可能性があります。

参照:厚生省特定疾患メニエール病調査研究班によるメニエール病の疫学調査と症状調査

内耳で何が起こっているの?

メニエール病とは、耳の奥にある内耳のリンパ液が増えすぎて、水ぶくれ状態になる病気です。メニエール病は、別名で「内リンパ水腫」ともいいます。

内耳には、聞こえに関わる「蝸牛」と、体の平衡感覚に関わる「三半規管」という器官があります。これらの器官は内側がリンパ液で満たされており、健康な状態であればリンパ液は一定の量が保たれています。しかし何らかの原因で、リンパ液の量が増えすぎて、これらの器官が水ぶくれ状態になってしまうと、めまいや難聴といった症状を引き起こすメニエール病になると考えられています。

聞こえに関わる「蝸牛」が水ぶくれになると、難聴になります。蝸牛に問題がなく、平衡感覚に関わる「三半規管」だけが水ぶくれになると、難聴の症状は少なく、めまいの症状だけが出る場合もあります。

メニエール病の症状とは?

めまい

メニエール病のめまいは、9割が回転性めまいと言われています。自分や周囲のものがグルグル回り、まっすぐ歩けなくなり、立っていることもままなりません。また、メニエール病のめまいの特徴として、繰り返し起こります。繰り返す頻度は、1カ月に1回程度の人が多く、特別なきっかけはほとんどありません。一度、めまいが起こると、1~12時間ほど続きます。

耳鳴り

めまいの発作とともに、耳鳴りがするという人も多いです。めまいの発作がおさまると、同時に耳鳴りも治まるようです。しかし発作を何度も繰り返していると、めまいの症状がおさまっても、耳鳴りだけが続いてしまう人もいます。

難聴

めまいの発作とともに、一時的に難聴になる場合も多いです。難聴の症状は、発作を繰り返すと、慢性化していくこともあります。メニエール病が原因の難聴では、低い低周波数の音が聞こえにくくなり、話しかけられても気づかないことが出てきます。小さな音が聞こえにくいだけでなく、大きな音については、聞こえすぎて不愉快に感じる聴覚過敏という症状が現れることもあります。

頭痛

押さえつけられたような圧迫感のある痛みを感じます。内耳がダメージを受けたことにより、交感神経が異常に高ぶることで頭痛になるようです。めまい発作にともない、あまりにも強い頭痛がする場合は、すぐに病院へ行きましょう。ほかの病気の可能性もあります。このような状況の場合、自分一人で行くのは大変困難ですから、誰かに付き添いを頼むようにしましょう。

吐き気

めまいの発作とともに、乗り物酔いと同じ状態になり吐き気を感じる人もいるようです。めまいがなくても、吐き気だけする場合もあります。

耳の閉塞感

エレベーターで高層階に上がったときや、飛行機に乗ったときになる耳が詰まる状態です。気圧が急激に変わったことにより起こり、通常は唾を飲み込むなどの対処で治ります。しかし、メニエール病による耳の閉塞感は病院での治療が必要です。

傾斜感

めまいの発作を繰り返すうちに、平衡感覚に関わる三半規管がダメージを受け、発作が出ていない時でもフワフワと体が浮いたような浮遊感や自分の体が傾いているように感じてしまうようです。

目振
遊園地のコーヒーカップに乗ると、目が回る、あの状態です。眼球が左右に細かく振れて目が回ってしまうようです。

メニエール病が進むとどうなるの?

メニエール病は、初期、活動期、慢性期と大きく3期に分けることが出来ます。ただし、経過には個人差があります。

第1期:初期

主な症状:耳鳴り、耳の閉塞感、低音性難聴
めまいの発作が起きる前に、耳に症状が出る人が多いです。耳鳴りなどの症状を繰り返しているうちに、やがてめまいの発作が起きます。中には、急に激しいめまいを起こし、一気に難聴になる場合もあります。
初期の段階では、他の病気の症状と似ていることがあり、メニエール病と診断するのが医師でも難しいです。メニエール病の症状は一定したものでなく、個人差が大きいのも診断を断定することを難しくしています。

第2期:活動期

主な症状:めまい発作を繰り返す
めまい発作を繰り返す活動期と、何も起きない安定した状態が続く休止時期が交互にめぐってきます。このリズムは毎日、毎週、毎月、数ヶ月ごとと、とても個人差があります。多くの人は、活動期が2~3ヶ月です。長い人は、1年ほど続く場合があります。また、季節の変わり目が影響する人もいます。何も起きない安定した状態が続くと、治ったと思いがちですが、数か月後に急に発作が起きることがあります。

第3期:慢性期

主な症状:難聴、耳鳴り
慢性期は、活動期と休止時期を長期間繰り返しているうちに症状が慢性化してしまう時期です。めまい発作を何度も繰り返しているうちに、聞こえに関わる器官である蝸牛がどんどんダメージを受け、耳の聞こえがどんどん低下していきます。
慢性期になると、激しい発作がトラウマになり、外出や人に会うことが怖くなってしまう人もいます。

急なめまいや難聴になる病気は、たくさんある。

メニエール病は、めまい外来や耳鼻咽喉科を受診します。ただし、メニエール病は他の病気と症状が似ており、また繰り返す症状のことをメニエール病と呼ぶため、一回目の診察ではメニエール病と診断されないことがあるようです。

診断基準がある

メニエール病の診断は、厚生労働省による診断基準が厳密に定められています。
「難聴、耳鳴、耳閉塞感などの聴覚症状を伴っためまい発作を反復する」と定義されています。ここで重要なのは、「反復する」というキーワードです。めまいや耳鳴りが一回起きただけでは、メニエール病とは判断できないのです。この定義に症状がはまり、かつ他の病気の疑いを除外できたときに初めてメニエール病だと診断されるのです。しかし、めまいのみ繰り返すタイプ、聴覚症状だけ出るタイプもあります。

参照:メニエール病診療ガイドライン2011年度版
厚生労働省難治性疾患克服研究事業前庭機能異常に関する調査研究班(2008~2010年度)/編より
http://www.hotweb.or.jp/shirato/meni-diag.pdf

メニエール病と症状が似ている病気とは?

メニエール病と症状が似ている病気は、数多くあります。例として「突発性難聴」「外リンパ瘻(ろう)」「聴神経腫瘍」「内耳梅毒」「中枢性疾患」などがあげられます。これらの病気は、めまいと難聴をともなうという意味で、症状が似ています。しかし原因がそれぞれ異なり、治療方法も変わるようです。

先に紹介した通り、メニエール病は繰り返し発作が起こることが最大の特徴です。

人生で初めてのメニエール病発作の場合は、自分で判断することはおそらく不可能です。

回転性のめまいや、急に耳が聞こえなくなった場合は、いずれにしろ初期治療が最も大切ですから、症状を自覚したら24時間以内を目安に、すぐに病院で受診して下さい。

めまいや難聴で病院に行くと、どんな診察や検査を受けるの?

めまいや難聴の症状で病院にかかると、いろいろな検査を受けることになります。原因として考えられる病気が複数あり、すべて治療方法が異なるからです。めまいや難聴で病院にかかった時に、受ける可能性のある検査をご紹介します。

平衡感覚検査

めまいについて詳しく調べるためにバランス感覚を検査します。
地面にまっすぐ立ってバランス感覚を調べたり、眼球の動きを観察することで、めまいの原因が耳なのか脳なのかを判断します。

聴力検査

健康診断で行う聴力検査の、より詳細なものです。キーの低い音から高い音まで、音の周波数ごとに、聞こえる音の大きさを測定します。最初の一回目は聴力の低下があるか、二回目以降は体調による聴力の変化があるかなどを調べます。

内リンパ水腫推定検査

ある種類の特別な難聴だけに効果がある薬(グリセロール)を使います。この薬を服用すると、内リンパ水腫という病気だった場合のみ、聴力が一時的に回復します。効果があれば、おそらく内リンパ水腫だったと判断されるようです。

MRIなどの検査

頭蓋骨の内部の病気や、聴神経の腫瘍を調べるために行われます。

引用:メニエール病診療最近の動向

どんな治療で治るの?再発するの?

メニエール病の主な治療方法は、薬物治療と生活習慣の改善です。生活習慣の改善は、再発防止のために医師から指導されることがあるようです。

めまいなどの発作の症状を和らげるための「対処療法」と、再発を予防するための「予防療法」の二種類があります。

対処療法では症状に合わせて、抗めまい薬、吐き気止め、血流改善薬(内耳循環改善薬)、利尿剤(浸透圧利尿薬)、精神安定剤(抗不安薬)などが使われるようです。

予防療法では、ビタミンB12や漢方薬(苓桂朮甘湯/りょうけいじゅつかんとう)が使われるようです。また生活習慣の改善は予防に効果があります。適度な有酸素運動、バランスの取れた食事、十分な睡眠、ストレスを可能な範囲で減らすことなどがおすすめです。

メニエール病は、人によっては発作が繰り返すこともあるため、良い生活習慣を身に着けることが、とても大切です。
良い生活習慣を身に着ける

メニエール病による難聴の方が、補聴器を使う場合は?

メニエール病で難聴になり生活や仕事が不便になっても、補聴器を使うことで生活を快適かつ便利にすることはできます。プロショップ大塚では、メニエール病が原因の難聴に対応した補聴器をご用意しています。
メニエール病の難聴は、お年とともに聞こえにくくなる一般的な加齢性の難聴と症状がまったく異なるため、専門の検査機材と、専用の補聴器が必要です。
前述にもありますが、大きな音が聞こえすぎて、不愉快に感じる聴覚過敏という症状が現れることもあります。大きな音の対策として、不快閾値測定(UCL)の値をはかり、補聴器を調整します。大きな音を補聴器が抑えてくれるのです。また、補聴器によっては衝撃音抑制機能がついているものもあります。これは、突発的な不快音を抑えてくれます。
また万が一、発作が繰り返し、難聴の症状が進行した場合の備えも必要になります。メニエール病による難聴は聴力の変動も考えられます。そこで、補聴器を選ぶ際は、聴力に合わせたレシーバ交換ができる小型耳かけ型補聴器がおすすめです。

まとめ、結局どうしたらいいのか?

メニエール病で、めまいや聞こえに困る症状が出てきたら、まず第一に病院の治療を受けて下さい。初期症状の軽いめまいや耳鳴りが続いても、日々の疲労のせいだと思い込み、見過ごしてしまう方はたくさんいます。初期治療が大切です。症状を感じたら、すぐに受診することで完治する可能性が高まります。また、もしもお近くの病院に、めまい外来があれば、そちらがおすすめです。
治療を受けて症状が安定し、難聴にお困りのことがあれば、ぜひ私たちプロショップ大塚までご相談ください。メニエール病の方に、もっとも適切な補聴器をご提案させていただきます。