補聴器から聞こえる異音の種類一覧、ハウリング、マイクノイズなど。


この記事が「いいね」と思ったら、シェアお願いいたします

補聴器から聞こえる異音の種類一覧、ハウリング、マイクノイズなど。

調整が適切ではない補聴器を耳につけると「サー」「ピー」「ザザザザ」など、通常なら聞こえない変な音が聞こえる場合があります。このよく分からない音の原因と対策をご紹介します。

①ハウリングによるピーピー音(フィードバックともいう)

原因

補聴器を使っていると、ピー!という音が聞こえる場合があります。これはハウリングとか、フィードバックとか呼ばれる現象です。耳栓にすき間が多いと、このハウリングは起こりやすくなります。

ハウリング

補聴器からピーという音がすることがあります

補聴器は、マイク(マイクロホン)に入ってきた音を、アンプで増幅して、スピーカーから出します。この時、スピーカーから出てきた音が、すべて鼓膜に届いてくれることが理想です。

しかし実際には、音が耳栓のすき間から、耳の穴の外に、漏れてしまうことがあります。音が外に漏れると、その音は、再びマイクに入ります。

マイクに入った音が、また増幅され、スピーカーから出てきて、隙間から外に漏れ、またマイクに入る。この音がぐるぐる回ってしまうと「ピー!」という音が発生します。
この音がぐるぐるまわってしまう現象を、ハウリングとかフィードバックと言います。

耳栓にすき間が多いと、このハウリングは起こりやすくなります。
補聴器のハウリング

対策

■耳栓が原因の場合
基本的な対策は、耳栓が自分の耳の穴の大きさに合っているかの確認になります。もし耳栓のサイズが、小さければ、耳栓のサイズを変更します。

補聴器耳栓

耳栓の形やサイズは色々種類があります

■取り扱いがうまくできていない場合

耳穴型補聴器を持つ手

ご本人の取り扱いがうまくできていない場合もあります。補聴器は、耳の奥まで入れて、正常によく聞こえるように調整されています。しかし人によっては、補聴器を耳の穴に対して浅く入れて使う方もいらっしゃいます。取り扱いについて、もし自信がなければ、専門店に相談して確認してもらいましょう。

装用指導

正しく耳に入っているか専門家に相談してみましょう

最後に、補聴器を耳に入れたり出したりする最中に「ピー!」という音が発生してしまう場合についてご説明します。補聴器を耳の穴に出し入れする途中のハウリング音を防ぎたい場合は、ご本人の取り扱いで対応していただくことになります。

補聴器装用

①補聴器のスイッチを切ったまま耳の穴に入れる

耳穴装用時

②耳の穴にしっかり入ったらスイッチを入れます

耳の穴に入れる前には、補聴器のスイッチを切っておく。耳の穴にしっかり入れた後に、スイッチを入れるという取り扱いです。補聴器を外す際には、最初にスイッチを切っていただき、そのあとに補聴器を外してください。

ハウリングの原因について詳しい記事があります。こちらをご覧ください。
補聴器のピーピー音を止めるには? ハウリングの原因と対策|プロショップ大塚
オーダーメイド補聴器の正しい取り扱いを知りたい方はこちらをご覧下さい。
オーダーメイド補聴器は、正しい装着(取り扱い)が大切|プロショップ大塚

②過剰なマイク感度や過剰な音の増幅によるマイクノイズ

原因

補聴器に限らず「マイク」という機械装置は、周りが無音だったとしても、実はわずかな信号を発生させています。これはマイクノイズと呼ばれ、補聴器に限らず、すべての音響機器に共通した現象です。
カラオケのマイク
補聴器のマイクは、スマホやカラオケのマイクと比べても、小さな音に対して、特に感度が良い部品を採用されています。

補聴器は「難聴の方が使うもの」という性質上、マイクノイズの対策よりも、言葉がハッキリ分かることに重きを置いて開発されています。ある程度より重い難聴の方だと、マイクノイズが発生していても、それが聞こえないからです。

noise

マイクノイズが聞こえてしまうことがあります

近年、軽い難聴の方が補聴器を使う場面が、とても増えてきたため、軽い難聴の方が補聴器を使うと、マイクノイズが聞こえてしまう場合があります。

対策

■補聴器を購入済みの方の場合
補聴器の調整で直します。言葉の聞き取りに影響しない範囲で、マイクの感度を少しだけ低下させると、マイクノイズも軽減します。
補聴器の調整
■まだ補聴器を購入していない方
補聴器のメーカーを選ぶ際に、聴力に合わせて適切な感度のマイクの補聴器を、お選びすることが良いでしょう。
自分に合った補聴器を選ぶ
補聴器メーカーについての詳しい記事があります。こちらもご覧ください。
世界の補聴器メーカーの比較と特徴|プロショップ大塚

③実は聞こえることが正常な生活音(家電のモーター音)

家電のモーター音

冷蔵庫など家電はモーター音がします

原因

私たちの生活環境は、静かな場所で誰とも話してなくても、無音ではありません。
実は、耳のいい人なら、自然と聞こえている環境音がたくさんあります。
パソコンのモーター音
例えば、エアコン、冷蔵庫、パソコンなどのモーター音、これらは耳の良い人なら、常に聞こえている音です。耳の良い人は「聞こえることが当たり前」の状態で24時間、普通に生活しています。そのため無意識に無視しています。

難聴になった方が、補聴器を初めて使った時には、これら生活環境の音を久しぶりに聞くことになります。そのため、最初の一週間程度は、とても気になってしまうことがあります。

すずめの鳴き声

すずめの声も気になることがあります

先の例では、家電のモーター音を上げましたが、そのほかにも、換気扇の音、ポケットの中に入れているキーホルダーのカチャカチャ音、屋外の虫や鳥の鳴き声などが聞こえると、補聴器の初心者の方は、少し驚くことがあります。

対策

聞こえることが正常な生活音であっても、補聴器を使うご本人が不愉快を感じるなら、それは問題です。よくわからない音が聞こえて、驚いたり不愉快を感じた時は、どこから、何の音が聞こえているのか、探してみましょう。

ノイズはどこから

気になる音はどこから?

まず、どこから音が発生しているのか確認しましょう。

音がするのは家の中だけなのか、家の中でも特定の部屋や場所なのか。その近くに、コンセントがつながった機器類が置いていないか。もし家電や換気扇、エアコンなどがあるなら、補聴器を着けたまま、その機械に近づいてみましょう。

音の発生源を探して、それが見つかると、多くの方は「聞こえて当たり前」ということに気付き、不安や不快感を感じにくくなります。

これは耳の良い人なら、聞こえていて当たり前の生活音だけに限った対策です。不愉快さが気になる場合は、すぐ専門店にご相談ください。

④故障

原因と対策

補聴器が故障したために、異音がすることもまれにあります。
補聴器劣化
補聴器を長年使った結果による経年劣化の故障では、多くの場合、音が出なくなったり、音が小さくなったりします。

しかし補聴器の初期不良による故障では、症状として異音が出る場合がまれにあります。

補聴器の故障は、私たち専門家が実物をお預かりして、お調べして、初めて原因が確認できます。

補聴器修理

専門家に見てもらいましょう

補聴器の音に違和感を感じたら、お早めに補聴器の専門家にご相談ください。


この記事が「いいね」と思ったら、シェアお願いいたします

この記事は
私が書きました

この記事は大塚祥仁が書きました

大塚 祥仁
【認定補聴器技能者】

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

保有資格:認定補聴器技能者、医療機器販売管理者

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について