「最適な出力の補聴器」が「良い補聴器」


友だちとシェアする

大は小を兼ねません!

「最適な出力の補聴器」が「良い補聴器」

補聴器の話をすると、「価格の高い補聴器なら、大きな音が出てよく聞こえる」と思っている方がいます。
ここには、大きな間違いが2つあります。

それは「価格が高い補聴器なら、大きな音が出る」「大きな音が出るとよく聞こえる」です。

なにが間違いなのか、お話していきます。

補聴器の価格と、音の大きさは関係ありません

補聴器の価格は2万円程度のリーズナブルなものから、100万円以上と高価なものまで、様々です。
しかし補聴器の価格の差は、補聴器の形であったり、機能の違いです。
高額な補聴器では大音量が出るというわけではなく、価格とパワーは関係ありません。

参考:高い補聴器と安い補聴器

大きな音ならよく聞こえるということはありません

難聴の程度は軽度・中程度・高度・重度など四段階で分類され、
補聴器は難聴の程度に合わせて選ぶ必要があります。

重度難聴の方は、中度難聴用の補聴器では聞こえません。
重度難聴の方には、重度難聴用のハイパワー補聴器が必要です。
(ここでいうパワーとは、補聴器の最大音量とお考えいただければと思います)

軽度難聴の方が重度難聴用のハイパワー補聴器を使うとよく聞こえません。
重度難聴用のハイパワー補聴器は、常に大音量を出し続けることを前提に作られており、小さな音を出すことは苦手なのです。
そのため補聴器を選ぶ時は、自分の聴力にあった、ちょうどいいパワーの補聴器を選ぶことが大切です。

自分の聴力にあった、ちょうどいい補聴器とは

補聴器を選ぶ時は、自分の聴力にあったちょうどいいパワーの補聴器を選ぶことが大切です。
また、もし可能であれば、少しだけパワーに余裕のある補聴器を選ぶと、なお良いでしょう。

軽度難聴の方は、軽度~中程度難聴用のノーマル補聴器。
中程度難聴の方は、中程度~高度難聴用のパワー補聴器。
高度難聴の方は、高度~重度難聴用のハイパワー補聴器。

これらを選んでいただくと、補聴器購入後に、聴力が低下した際にも、音量を上げる余裕があります。
難聴が進んだときには、改めて聴力を検査してから補聴器を調整することが可能になります。

なお補聴器のパワーが強くなると、基本的に補聴器の形・大きさは大きくなります。
補聴器を長く使いたいご希望と、補聴器を付けた見た目のご希望は、両方を考えた上でお選びいただくのが良いでしょう。

プロショップ大塚では、しっかりとお客様の耳を検査し、調整することで、お客様にちょうどいい補聴器をお勧めします。

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら


友だちとシェアする

この記事は
私が書きました

大塚 祥仁

この記事は大塚祥仁が書きました

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について