補聴器 と 集音器、助聴器 は別物です。


友だちとシェアする

病気や老化、または疲れなどで耳が遠くなったときは、通常、補聴器を使うことになります。
しかし補聴器とそっくりな集音器や助聴器という機械も、通販などで販売されています。いったい何が違うのでしょうか?
補聴器と集音器などの違いを、分かりやすく解説します。

※補聴器と集音器のどちらを選べばいいか、選び方の記事を書きました。
集音器は、あなたの難聴を助けてくれる?

その補聴器、本当に「補聴器」ですか?

集音器、助聴器と呼ばれる製品があります。

見た目が補聴器と似ている物もありますし、「耳に入れて、音を大きくするんでしょ?」程度の認識で、補聴器の正しい知識が無いために、同じような物と誤解されてしまう事がしばしばあります。

また、補聴器で検索したとき、「よく聞こえる補聴器」といいながら、よく読むと「集音器」でしかない、非常に悪質な事例も多数見られます。

補聴器は厚生労働大臣の承認を受けた医療機器です。
ただ、音を大きくするだけの集音器の場合、余計な負担を耳に掛けてしまい、満足が得られない結果に終わったり、
最悪の場合、聴こえが悪くなってしまうこともございます。

集音器が便利な場面というものは、もちろんありますし、価格が安いことは大きな魅力です。
ただ、補聴器とはぜんぜん違うものだということは覚えておいて下さい。
また、商品は補聴器でも、耳に合わせた調整をしなければ、結局は集音器と同じです。調整してこその補聴器です。

まずは、補聴器は医療機器であるというところから、補聴器と集音器の違いについて話していこうと思います。

補聴器は厚生労働大臣の承認を受けた医療機器です

「補聴器」として売られているものは、薬事法という法律の元、厚生労働大臣の承認を受けた管理医療機器です。
その性能や安全性で一定の基準を満たしていないと、補聴器と名乗れないのです。

補聴器は単純に音量を大きくすればいいというものではありません。
聴こえを向上させるため、補聴器を使われる方にとって聞こえにくい音・声を、ちょうど聞きやすい音量・音質にすることで、これまで聞きたくても聞き取れなかった音・声を聞き取れるようにする機械です。

それに対し集音器は、特に法律で指定されていない音響機器です。一時的に、声を大きくして聞きたいなど、有効な場面も確かにあるとおもいますが、補聴器と比べて細かな調整はまず出来ませんし、それを調整する技術者もいません。やはり聴こえかたには大きな違いがあると考えます。

補聴器は対面販売・フィッティング(調整)が基本

補聴器は、一人ひとりの聴こえの状態に合わせて調整して、初めて効果が出る医療機器です。
そのため、補聴器でよく聴こえるためには補聴器の専門家が必要です。

まずは、聴こえ方を検査し、その結果に合わせて補聴器を調整。
しばらく使って頂いて、耳が補聴器に馴染んできたところで、さらに調整と、メンテナンスをしていくことで、耳に負担も少なく、聞き取りやすい補聴器に仕上がっていくのです。

ですので、当然 対面販売が基本になりますし、調整の専門家がいる専門店が望ましいことになります。

これに対し、集音器や助聴器は、管理医療機器ではありませんので、一般の電気店や量販店、通信販売で購入することが出来ます。
販売者が都道府県に届け出る必要もありません。

集音器は、お手軽だと思いますが、繰り返し調整することで、より自分に合う補聴器に仕上げるということは出来ません。
より確実によく聞こえたい方は、補聴器をお選びいただくのが良いと思います。

※集音器を選ぶ場合、どんな人なら集音器でも大丈夫なのか?またどんな集音器がいいのか?を記事に書きました。こちらもご覧ください。
集音器は、あなたの難聴を助けてくれる?

確実、安心で、よく聞こえる補聴器は、どこで買えるのか

補聴器を購入する場合、専門家による調整が大切なことはご説明した通りです。

しかし補聴器を販売している全ての販売店に、専門の技術者が常勤しているわけではありません。多くのメガネチェーン店や時計店、または薬局の補聴器販売では、補聴器メーカーの営業に、月一回程度のペースで来てもらって、補聴器を販売していることが少なくありません。この場合は、あなたが困ったとき、すぐには対応してもらえず、一か月ほどよく聞こえない状態でガマンすることになってしまいます。

補聴器の購入を検討する際には、補聴器の専門家が確実に常勤しているプロショップ大塚へご相談ください。
もちろんすべての店舗で、いつでも補聴器の専門家が常勤して、あなたのご相談をお待ちしています。

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら

関連記事

認定補聴器専門店を選ぼう
安くて手軽!通信販売の補聴器。でも、よく聞こえるの?
補聴器の専門店が必要なワケ
高い補聴器と安い補聴器、何が違うの? 補聴器の価格について
補聴器メーカーのシェア率の比較と特徴


友だちとシェアする

この記事は
私が書きました

大塚 祥仁

この記事は大塚祥仁が書きました

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について