OTC補聴器ってなに?専門家の聴力検査なしで大丈夫??


この記事が「いいね」と思ったら、シェアお願いいたします

OTC補聴器ってなに?専門家の聴力検査なしで大丈夫??

OTC補聴器は、聴力検査なしの補聴器

OTCは、Over-the-Counterの略で、お店でテーブルにつかず、お店の人と立ったままやりとりするということです。OTC補聴器とは遠回しな表現ですが「聴力検査なし、専門家のサポートなし」という意味です。

日本を除く、ほとんどの先進国では、補聴器の販売について強力な規制やルールがあります。これらの規制のため補聴器を販売するには、専門家による聴力検査や補聴器の音質調整などのサポートが義務になっています。これらのルールを守らず、補聴器を販売することは犯罪になります。

日本は先進国の中では、昔から補聴器に関する規制が少なく、聴力検査などを行わない通販の補聴器が合法になっています。amazon.jpでも、補聴器と検索すると、通販用の補聴器が数多く見つかります。

昔から日本では規制されていませんから、ピンとこないかも知れませんが、アメリカでOTC補聴器に関する法律が変わりました。

2017年にアメリカの議会でOTC補聴器を合法とする法律が可決され、2020年から施行されます。これにともない、2020年からはアメリカで「聴力検査なし、専門家の調整なし」というOTC補聴器が数多く流通すると見込まれています。

アメリカで流通する商品は、良い製品なら、もちろん日本にも輸入され流通すると思います。つまり日本でも、2020年からは高性能な通販補聴器が増える可能性があります。

現在のところ、日本で、もっとも売れている通販補聴器の一つはオムロン社の製品です。これからは海外メーカー製のOTC補聴器にも、注目してみると良いかも知れません。

参考1:HIA Issues Formal Response to 2015 PCAST Report on Hearing Aids (英語サイト)
参考2:Regulatory Recommendations For OTC Hearing Aids: Safety & Effectiveness(英語サイト)

こちらの記事もご覧ください。
集音器(PSAPs)と補聴器の違い|プロショップ大塚


この記事が「いいね」と思ったら、シェアお願いいたします

この記事は
私が書きました

この記事は大塚祥仁が書きました

大塚 祥仁
【認定補聴器技能者】

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

保有資格:認定補聴器技能者、医療機器販売管理者

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について