【コロナウイルス】感染拡大防止への取り組み(お客様と従業員の感染防止に最善を尽くします)

テレビの音がよく聞こえない時の原因別の解決策


テレビの音がよく聞こえない時の原因別の解決策

私たち、補聴器専門店には「テレビがよく聞こえない」という理由で相談を持ち込まれるお客様がいらっしゃいます。実は耳がいい人でも、テレビをよく聞こえないことがあります。その場合、補聴器ではなく、テレビの置いてある部屋の環境を整えたり、ひと工夫を加えることで快適に聞こえるケースが多くあります。テレビがよく聞こえない時の原因別の解決策をご紹介します。

テレビを見ている場所が悪い場合

ご家庭の中でテレビを見る場合、多くはリビングや自分の部屋が多いでしょう。ホームシアターのように環境が整っている必要はないのですが、環境によっては極端に聞き取りづらくなってしまうケースがあります。

最適な距離で見ていない

テレビを見る
テレビは画面サイズの大きさによって、視聴するのに最適な距離があります。その推奨されている距離から離れている場所でテレビを見ていると、テレビの音がよく聞こえません。

音量を上げればいいのではないか、と思われるかも知れませんが、基本的にテレビはそのように設計されていません。テレビからの距離が離れすぎると、テレビの音は質が悪くなるため、言葉が全般的に聞き取りにくくなります。

<解決策>
自分のテレビの大きさと最適な視聴距離を知りましょう!

現在の横長のテレビでは、画面の高さのおよそ3~4倍程度が最適な視聴距離です。昔のブラウン管の時代と比べて、現在のテレビは液晶になり、画質も良くなりました。その反面、スピーカーを内蔵するスペースが減ったこともあり、昔と同じ値段で比べると音質的には厳しくなっているようです。

もし今、リビングでテレビを見ていて、その音が聞こえないようでしたら、自分のいる場所やテレビを置く場所を変えることを検討してみて下さい。

テレビを見ている場所の近くで家事をしている

キッチンの音

最近の住宅は、リビングとダイニングとキッチンが一つの部屋になっており、カウンターキッチンやアイランドキッチンが増えてきています。

リビングでテレビを見る時、すぐ近くで家事をする音が発生していると、何を言っているのか聞こえなくなる原因になります。

具体的には食器洗い乾燥機を動かす音、包丁を使う音、揚げ物をあげる音などの料理の音も邪魔になってしまうのです。

キッチンの他にも、当然のことながら掃除機をかける音、空気清浄機のモーター音などもテレビの音が聞こえづらくなる原因になります。

<解決策>
●ヘッドホンやイヤホンを使う
一番簡単な方法は、ヘッドホンやイヤホンを使うことです。
周りの雑音をカットして、聞きたいテレビの音を自分好みの音量で聞くことができます。

なお二人以上でテレビを一緒に見る場合は、テレビの設定でイヤホンジャックだけでなく、イヤホン・スピーカーの両方から音が出るようにしておくとよいでしょう。

●テレビ用手元スピーカーを使う
テレビの近くではなく、自分の手元に置くことができるテレビ専用のスピーカーです。テレビに送信用の機器を接続するだけで、簡単に使えます。

ヘッドホンやイヤホン、テレビ用手元スピーカーには、有線タイプと無線タイプがあります。使い勝手やご予算で、選択していただくと良いでしょう。
音質は商品によって大きく変わってきます。無線タイプで高音質なものは高価になります。数千円程度~5万円以上するものまで、価格幅も広いです。

テレビの音が部屋の中で反響している

打ちっぱなしコンクリート

部屋の壁や天井の材質によって、テレビの音が反響してしまい聞きにくいことがあります。

オーケストラやオペラの会場、映画館などは、観客全員が良い音質で聞き取れるよう反響を考慮されて設計されています。

この逆に、反響の影響が考慮されない一般住宅では、反響によって音質が悪化してしまうこともあるのです。

一般住宅でテレビの音が聞き取りづらくなる反響は、天井が高すぎること、一つの部屋が広すぎること、壁の素材が打ちっぱなしコンクリートであることなどが要因になるようです。

<解決策>
過度な反響を抑えるには、窓のカーテンを閉めたり、フローリングは絨毯を敷くことで改善されることがあります。

このほか、ホームシアター向けの製品には、DIYで自宅に取り付けられる吸音材がさまざま発売されています。
当社で取り扱っている製品ではありませんが、当社の防音室では吸音のためにDAIKENの吸音材「オトピタ02N」を採用しています。反響が気になる方は、こういった物も試してみると良いでしょう。(詳しくは大建工業様にお問い合わせください)

テレビのスピーカーの音が抜けてしまっている

昔のテレビは、画面の両サイドにスピーカーがあったため、テレビの設置場所に関係なくよく聞こえました。
しかし最近の薄型テレビは、スピーカーがテレビの下部や背面にあります。デザインの進化により、スピーカーの位置が変わってしまったのです。
昔のテレビと今のテレビ

スピーカーがテレビの背面にあるモデルでは、テレビの後方、すぐ近くに壁があり、音が反射されるように設計されています。このためテレビの後方のスペースが大きかったり、リビングの中央にテレビを設置すると、テレビを見る場所に音が届きにくくなります。

テレビの下部にスピーカーがある場合も同様です。スピーカーから出た音を反射する物体が適切な位置に必要です。テレビ台にすき間があると、音が抜けてしまうのです。

<解決策>
●テレビの下に反射板を置く
テレビのスピーカーの音が反射するように置きます。材質は、木材やプラスチックなどいくらか硬く、そして平らな物であれば、何でも大丈夫です。柔らかい素材、たとえば布などは音を吸収してしまいますから避けましょう。立体的で複雑な形状の物も、適切でない方向へ音を反射させてしまう可能性があるので、望ましくないと思います。

テレビを買い替える前に試してみましょう。

●テレビ用スピーカー、サウンドバーを使う
テレビ用スピーカーやサウンドバーなどの外部機器を追加することで、音質が向上し聞きやすくなります。
先に紹介した手元スピーカーは持ち運びの点で便利ですが、音質にはどうしても制限があります。
テレビの近くに設置するタイプの専用スピーカーは、台座も種類が豊富です。値段も数万円~数十万円とあります。

聴力が少しだけ低下している場合の解決策

ここまで聴力が低下していなくても、テレビの音が聞こえにくくなる原因と解決策についてご紹介してきました。

ここからは聴力が低下したために、テレビが聞こえなくなった場合の解決策についてご紹介します。

テレビの音声設定を変えてみる

テレビの音声設定を変更する

お年とともに聴力が下がる加齢性難聴の場合、高い音から聞きにくくなります。高い音が少しだけ聞こえが低下してるのに、重低音が強調された音質のテレビは余計に聞き取りにくくなります。こういった場合は、高音を強めると言葉がハッキリします。

近年のテレビの多くは、音質を自分好みに変更するイコライザー機能が搭載されています。
お使いのテレビによって、音声設定のできる範囲は異なりますので、ぜひ確認してみましょう。
音の高さを変えるイコライザーがあれば高音を強めたり、低音を弱めると聞こえ方が改善される可能性があります。音量を大きくする前にぜひ試してみて下さい。

テレビの音声の聞き取りは、通常の会話より難しい
  • 私たちの日常会話は、双方向のコミュニケーションです。
  • 目の前にお友達がいれば、お互いに話しますし、聞き逃したことがあっても聞き返すことができます。
  • 対面での会話と比べて、テレビは一方通行です。テレビの出演者やアナウンサーが話した内容を聞き取るだけになるので、会話のように話してくれたことを聞き返して確認することができません。
  • また親しい友人やレジでのお買い物など、出てくる話題が予想できる対面での会話と比べて、テレビで初めて聞く人物の名前や固有名詞などを正確に聞き取ることも実は意外と難しいことなのです。

ネックスピーカーを使ってみる

難聴になり、軽度難聴から中等度難聴まで進行すると、自分にとってちょうど良い音量にすると、ご家族にはうるさすぎて近づけない状態になる場合があります。
この逆に、ご家族にとってちょうど良い音量にすると、難聴の方にとってはテレビが聞こえず、楽しめません。

こういった時、首にかける小型のネックスピーカーは便利です。

音は距離に応じて小さくなるため、難聴の方がネックスピーカーを使っていても、ご家族にとってはそれほどうるさい音にはならないのです。

大きすぎる音を聞き続けると聴力が低下する原因になってしまうため、ネックスピーカーの長時間の利用はおすすめできませんが、補聴器よりも気軽に試してみることができると思います。

家族や友人との会話があるなら補聴器がおすすめ

難聴を自覚したり、ご家族が気づくきっかけになることの一つに、テレビの音量が大きくなったということがあります。
ここまでテレビが聞こえない場合の対策についてご紹介させていただきましたが、スピーカーで解決しようとすると、よく聞こえるようになるのはテレビだけです。また必ずしも自分の耳、音の好みに合うとも限りません。

もしご家族や友人との会話も楽しみたいというお気持ちが少しでもあれば、テレビの聞こえ改善には補聴器がおすすめです。補聴器は一人ひとりの聴力に合わせて、音質を作り出す、音のオーダーメイド品です。

またオプション機器と組み合わせることで、テレビの音をハイレゾ音質で聞くことも可能です。

テレビの聞こえ方やご家族との会話について、お困りごとがあれば、ぜひプロショップ大塚へご相談ください。


本記事に いいね/シェア をしていただけると、担当者のはげみになります。よろしくお願いします。

この記事は
私が書きました

宮﨑絢子 写真

宮﨑 絢子
【認定補聴器技能者】

補聴器専門店プロショップ大塚・浅草店所属。2才のころから慢性中耳炎を患い、難聴と補聴器に興味を持ち、2017年6月にプロショップ大塚に入社しました。聴覚医学に関する論文や、厚生労働省の資料などをもとに、可能な限り正確な情報を皆様にお届けします。皆さまにわかりやすい記事を心がけています。少しでも、あなたのお役に立つ情報がお届けできればうれしいです。

保有資格:認定補聴器技能者

★ Instagram はじめました。ぜひ見てください! : @mirukiku4133


補聴器専門店プロショップ大塚 社長(保有資格:認定補聴器技能者、医療機器販売管理者)

人気の記事を見る
補聴器 価格・補助金 補聴器の選び方 難聴 よくあるご質問 その他