ご家族に補聴器をお考えの方に理解していただきたい 4つのこと


友だちとシェアする

ご家族に補聴器をお考えの方に理解していただきたい 4つのこと

1.聞こえないこと

最近、ご両親に会いに実家に行かれた際、こんな経験ありませんでしたか?

  • 自宅にいるのにチャイムを鳴らしても出てこない。
  • 電話をしても出ない。
  • テレビの音声が外まで聞こえる。
  • 呼んでも返事がない。

これは、実際に当店にご来店されたご家族様からよく聞くお話しです。
この聞こえないことが原因でケンカをしているご家族も多いようです。

理解してほしいこと その1
決して親が無視をしているわけではありません。本当に聞こえていないのです。

ご家族の皆さまが今まで通り仲良く楽しく生活するためには、まず聞こえないことを理解してください。
また、聞えなければ大きな声で話せば聞えるだろうと思われがちですが、それは間違いです。

なぜなら...

理解してほしいこと その2

  • 音が聞こえること
  • 言葉が理解できること

この2つには大きな違いがあります。

年齢とともに耳が遠くなった方の場合、多くの方が音は聞こえるけど、
何を言っているのか分かりにくい状態
になります。
耳の良い方でも、男性がマスクをしてモゴモゴ話されると分かりづらいですよね。
さらに、高齢者となると頭の回転もゆっくりになっている場合が多いです。

補聴器をつければ、大きな声で話す必要はなくなります。
しかし、ご家族の方に一音一音を聞き取りやすくするためにも、意識をして、ゆっくりとお話してみてください。

 

2.聞こえを忘れている事

ご来店いただき補聴器をお試しいただくと、もちろん音が良く聞えるようになります。
しかし、音の聞えていない状態に慣れてしまった方は、言葉を忘れてしまっているため、
補聴器をつけても最初から十分な聞き取りができないことがあります。
また、音量を聞かせると、うるさくて使い物になりません。

理解してほしいこと その3
補聴器になれるためには、トレーニングが必要です。

トレーニング期間はおおよそ2ヶ月~3ヶ月。補聴器になれて、
良い聞えを手に入れるためには、どうしてもこのトレーニングが必要です。

聞こえのトレーニングについてはこちらの記事をご覧ください
難聴の聞こえは「聞こえのトレーニング」で、もっと良くなります!|プロショップ大塚

この期間を頑張って補聴器を使っていると

  • 補聴器の音がうるさくなくなった
  • 言葉が聞き取れるようになった

そうです!忘れていた言葉を思い出し、ご家族との楽しい会話や、
テレビドラマなど、頑張った分だけ楽しいことが待っています。

しかし、楽しいことが待っていても、何度もお店に行くのは体力的につらい。
また、家族にお店まで連れていってもらうのは頼みにくいとおっしゃられる
高齢者の方もたくさんいらっしゃいます。

そこで...

理解してほしいこと その4
一番大切なのは、ご家族である皆様のご理解とご協力!!

これが一番重要です!!

ご家族である皆さまが、ご両親と楽しい生活をお過ごしいただくためにも、
私たちプロショップ大塚のスタッフと一緒になって、トレーニング期間励ましてください。
そうすることにより、ご本人もやる気になって、補聴器になれる時間も早くなります。

プロショップ大塚幸店集合写真

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら


友だちとシェアする

この記事は
私が書きました

この記事は大塚祥仁が書きました

大塚 祥仁
【認定補聴器技能者】

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

保有資格:認定補聴器技能者、医療機器販売管理者

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について