このページのトップへ

静岡県浜松市のプロショップ大塚。補聴器無料貸出しいたします。補聴器の、耳の聞こえ、難聴の事ならお任せ下さい!

補聴器の選び方

補聴器の選ぶときのポイントは6つ。

ざっとですが、補聴器を選ぶ上でのポイントには、以下のものが挙げられます。
一つ一つ、簡単にご説明いたします。

より詳しいまとめとして、以下の記事を作成しました。合わせてご覧ください。

補聴器の形の話:補聴器を付けたときの見た目と小ささ

補聴器には、より目立たないことが特徴の補聴器、取り扱いが簡単な補聴器など、選ぶポイントは様々あります。
また、おしゃれな補聴器もあり、10色以上の色のバリエーションから選ぶことが出来る補聴器もあります。
いろんな補聴器を知ることで、自分に一番あった補聴器を選ぶことが出来ます。

補聴器の扱いやすさの話:取り扱いの簡単さ(細かさ)

補聴器は聞こえを良くすることが一番の目的ですが、いくら高機能でも使わなくなっては意味がありません。
たとえば、取り扱いが簡単なので、高齢のお客様に人気の補聴器があります。
ほかにも、電池の交換をしなくていい充電式の補聴器や、介護される方が使いやすい補聴器というものもあります。

補聴器のパワーの話:自分の聴力と、補聴器の音量が合っているか

「耳が遠くなった」「難聴になった」と一言で言っても、難聴は軽度から重度まで、人によってさまざまです。難聴の程度は軽度・中度・高度・重度など四段階で分類され、補聴器は難聴の程度に合わせて選ぶ必要があります。軽度難聴にハイパワーの補聴器はオススメできません。
また、自分の聴力がどの程度か客観的に知っておくこと、調べておくことが大切です。ちゃんと聴力検査が出来る補聴器店で調べてもらうことをお勧めします。

補聴器のメーカーの話:言葉はハッキリと、よく聞こえるか。雑音がうるさくないか

日本で主に補聴器を販売しているメーカーは、全部で10社あります。見た目、形、価格は、メーカー毎に大きく変わりませんが、音質・使い勝手はそれぞれ異なります。
遠くの音までハッキリ聞こえることや言葉が分かることに重きを置いているメーカー、自動車の騒音などを大幅にカットする雑音のある環境に強いメーカー、付けていて負担が少ないことに定評があるメーカーなど、色々なメーカーを実際に体験することで、きっとお気に入りのメーカーが見つかると思います。
プロショップ大塚では、お客様に少なくとも2社以上のメーカーの補聴器をご体験いただいてから、お選びいただくことをおすすめしています。

補聴器の価格の話:金額が予算内で、自分にあっているか

高い補聴器と安い補聴器の値段の差は大きく、百万円もするような最高級品もあれば、数千円で手に入る補聴器もあります。
そして、高い補聴器ならよく聞こえるというものではありません。また、例えばピーピー音が鳴っているのに何の調整も出来ないという事例もございます。
補聴器店で大体の予算、その価格帯の特徴など、しっかりと相談できた方が、満足できる補聴器が手に入れられると思います。

また「障害者総合支援法」により、補聴器の購入費用に対して補助金が支給されるようになりました。補聴器の購入に対して助成を行っている自治体もございます。
補助金をもらうための手順をまとめましたので、そちらもご覧いただければと思います。

補聴器店の選び方の話:補聴器販売者が信頼できる相手か

「補聴器はどこで買っても変わらない」とお考えだとしたら、正直間違いだと思います。
日本で流通している補聴器だけでも何百種類もあり、耳の穴の形や難聴の状態も人それぞれです。
お客様の耳の状態を把握し、最良の補聴器を選ぶには、しっかりとした知識と経験をもつ補聴器店が不可欠だと、プロショップ大塚は考えます。

間違いなく、確実に「よく聞こえる補聴器」をご希望の方は、ぜひ補聴器専門店プロショップ大塚にご相談ください。

補聴器あわてて 買わないで下さい!
補聴器三ヵ月 無料試聴サービス
補聴器は、効果が出るまで時間がかかる医療機器です。プロショップ大塚では、ご本人が効果を実感するまで、あわてて購入せず、じっくり試聴してからの購入を強くおすすめしています。
フリーダイヤル 0120413369

<補聴器を買う前に>
補聴器の選び方
認定補聴器専門店を選ぼう
高い補聴器と安い補聴器
アナログとデジタル補聴器
自立支援法・補助金
目立たない補聴器

補聴器の3ヶ月無料貸出