このページのトップへ

静岡県浜松市のプロショップ大塚。補聴器無料貸出しいたします。補聴器の、耳の聞こえ、難聴の事ならお任せ下さい!

難聴の種類、レベル、閾値

このページでは、難聴について解説します。

  • 難聴の種類
    難聴にも種類があります。
  • 難聴のレベル
    耳が遠いといっても、どのくらい遠いのでしょうか?
  • 言葉の聞き取り
    音が聴こえることと、言葉が分かることは違うのです。
  • 快適閾値
    小さな音が何とか聞こえることと、丁度よい大きさで聞こえることの違い。
  • 不快閾値
    音が大きすぎることは大変危険です。

難聴の種類

難聴にも大きく分けて3つの種類があります。

  • 感音性難聴
    感音性難聴は、内耳と呼ばれる耳の奥の方に
    何らかの原因でダメージがあり、耳が遠くなっている状態です。
    これは特別な病気で、ダメージを受けることもありますが
    多くは、お年とともに進む加齢現象です。
    原因が、加齢現象の場合は加齢性(または老人性)難聴といいます。
    原因が、騒音を聴き続けたことの場合は、騒音性難聴といいます。
  • 伝音性難聴
    伝音性難聴は、鼓膜やその近く、耳の中で比較的手前の部分に
    何らかのダメージがあり、 耳が遠くなっている状態です。
    中耳炎などの病気や、頭を打つ怪我などでこの状態になるようです。
    補聴器を使うと、比較的早く、簡単によく聴こえるようになります。
    しかし、この状態は病院の治療で治ることが比較的多いため
    まず耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。
  • 混合性難聴
    先に書いた感音性難聴と伝音性難聴が混ざった状態の難聴です。
    最近は減りましたが「兵隊に行って、ビンタされてから耳が遠くなった」
    という年配の男性が、昔は意外と多くいらっしゃいました。
    ビンタや怪我だけが原因ではなく、感音性難聴と両方が混ざった状態です。

難聴のレベル(最小可聴域値検査、HTL)

音には甲高い音から、低周波数の音まで、様々な種類の音があります。
最小可聴域値検査は、各種類の音において、それぞれどれくらいまで
小さな音が聞こえるかを調べる検査です。

難聴は個人差が大きいため、補聴器調整の前に
必ず行わなければいけない検査です。

一般的に加齢現象の場合は、甲高い音から聞こえにくくなり
その後に低周波数の聞こえも低下します。
甲高い音の聞こえが下がった段階では、言葉がハッキリしなくなり
低周波数の聞こえが下がり始めると、言葉が小さく聞こえるようになります。

耳のいい人と比べて、テレビの音量が明らかに大きい場合などは
軽程度難聴ではなく、中程度難聴まで進んでいる可能性があります。

言葉の聞き取り(語音弁別能検査)

音ではなく、言葉がどれくらい聞き分けられるかを調べる検査です。
この検査では、十分聴こえる大きさの音量でテープを流します。
一般的に日本語の「あ・い・う・え・お」という五十音を順番をバラバラに流し
答えていただきます。満点を取れる方が少ないイジワルな検査です。
この検査結果は「補聴器を使って実際にどれくらいまで聞こえるか」という
効果予測に役立ちます。

プロショップ大塚では、すべてのお客様に必ず行なっている検査です。

補聴器は、 あわてて 買わないで下さい!
補聴器三ヵ月 無料試聴サービス補聴器は、効果が出るまで時間がかかる医療機器です。プロショップ大塚では、ご本人が効果を実感するまで、あわてて購入せず、じっくり試聴してからの購入を強くおすすめしています。

快適閾値(MCL)

一般には行われていない検査です。
小さな音から段々と音量を上げていき、ちょうどよく聞こえる音量を調べます。
先のHTLとは異なり、音の大きさの好みを調べることに役立ちます。

不快閾値(UCL)

どれくらい大きな音だと不愉快に感じるかという音量を調べる検査です。
これを元に補聴器の最大音量が決められます。
先のHTLの測定結果と合わせ、聞くことができる音の大きさの範囲(ダイナミックレンジ)の確認に役立ちます。

プロショップ大塚は

これまで3000人以上の、耳の悩み解決してまいりました。

補聴器は、あなたの本来の聞こえを引き出す「トレーニング機器」だって、ご存知でしたか?