雷門郵便局で催事を行いました!(浅草店)


雷門郵便局
プロショップ大塚・浅草店の向かいにある雷門郵便局にて、8月17日・8月20日に催事を行いました。
来てくださった皆様、雷門郵便局の局員の方々、ありがとうございました。

その催事にいらした方からのご相談の一つに「父の耳が遠くなった気がする」けれど「補聴器なんて年寄り扱いするな」と怒られるというお話がありました。
残念ながら補聴器から高齢者をイメージするのは、仕方のない部分もあるかと思いますが、聞こえが悪いことで、自然と会話に消極的になったり、外に出なくなるなど、補聴器をつけないことで、されたくない「年寄り扱い」に近づいていくこともあると思います。

まずはご本人に、自分の聴力を知ってもらうことから始めましょう!
プロショップ大塚では、聴力検査をして自分の聴力を確認することができます。もちろん、聞こえや補聴器の相談もいつでも受け付けています。

この記事も参考にしてください。
難聴で困るのは本人?ご家族?補聴器を始めるタイミングについて


この記事は
私が書きました

宮﨑 絢子

この記事は宮﨑絢子が書きました

補聴器専門店プロショップ大塚・浅草店所属。2才のころから慢性中耳炎を患い、難聴と補聴器に興味を持ち、2017年6月にプロショップ大塚に入社しました。聴覚医学に関する論文や、厚生労働省の資料などをもとに、可能な限り正確な情報を皆様にお届けします。皆さまにわかりやすい記事を心がけています。少しでも、あなたのお役に立つ情報がお届けできればうれしいです。

  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について