難聴と認知症が関係あることを示す研究が存在します

詳しくは以下のサイトを御覧ください
難聴と認知症との関係が注目されています。
Hearing Loss Accelerates Brain Function Decline in Older Adults(訳:聴力損失が高齢者の脳機能低下を加速させる)

一部抜粋すると「聴覚障害のある高齢者は、聴覚が正常である高齢者よりも思考や覚えが問題になる可能性が高く、調査の結果、聴覚が正常な方と比べて、認知能力の有意な障害を平均して約3年早く発症した。」とのことでした。

難聴の治療が認知症を予防するとは言えないにせよ、現時点では何らかの関連性がありそうで、今後も研究が必要とのことです。

難聴は コミュニケーションを難しくします。

難聴は、コミュニケーションを難しくします。このことから認知症研究者の一部には

『補聴器による難聴とコミュニケーションの改善が、認知症の予防または改善に有効である』

という説もあります。

認知症は、脳の働きに関係します。そのため、統計的な関連は出てきても、正確な因果関係が解明される日は、ずっと先になるかと思います。
今、困っている方、不安を感じている方は、予防や改善の選択肢として補聴器も検討されてはいかがでしょうか。

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら


<補聴器のある生活>
日々のメンテナンス
補聴器を落とさないか心配
つけはずしはOK
耐用年数はどのくらい
紛失・故障したら
定期的な調整がオススメ
補聴器と認知症

補聴器の3ヶ月無料貸出

  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について