【コロナウイルス】感染拡大防止への取り組み(お客様と従業員の感染防止に最善を尽くします)

【GNリサウンド】補聴器の調整で英語が聞き取りやすくなった、70代男性の事例


【GNリサウンド】補聴器の調整で英語が聞き取りやすくなった、70代男性の事例

本記事では「英語の聞き取り」について、実際にプロショップ大塚で補聴器を試していただいた事例をご紹介します。今回の事例では、補聴器メーカー「GNリサウンド」の補聴器を使い、英語の聞き取りのために特別な調整を行いました。補聴器で聞こえがどのように変わり、生活の質が上がったのか、説明します。お客様のプライバシーを守るため、個人情報の一部を変更しています。

(仮名)鈴木様のオージオグラム
(仮名)鈴木様の主訴

今回ご相談いただいた鈴木様(仮名)のご年齢は70代前半、男性の方でした。
アメリカに長く滞在しており、帰国後その語学力を生かして、日本に来た留学生に様々なサポートをされている方です。日々の仕事で英語でのコミュニケーションを行っています。

鈴木様からは2つの要望をいただきました。
①補聴器を着けることで英語の会話をスムーズに行いたい。また補聴器の音質も重視したい。
②英語メディアをスマホで見るため、スマホの音が補聴器から聞こえるものが良い。

両方のご要望を叶えるため、私たちは『GNリサウンド』の耳かけ型補聴器『リンクス・クアトロ9』の試聴をご提案しました。

その結果
・英語が聞き取りやすくなり、補聴器が手放せなくなった
・スマホと接続でき、英語メディアの視聴が快適にできる
という良さを実感していただきました。

日本語に対する一般的な補聴器調整の場合、英語の聞き取りは今一つな場合があります。
しかし今回の事例では特別な方法を使った結果、英語が聞き取りやすくなったという評価をいただけました。その方法について以下で紹介します。

聴力検査の結果と英単語を聞き間違える理由

鈴木様のお話を詳しく聞くと英語を聞いている時、『cake(ケーキ)』という英単語を『lake(湖)』と聞き間違えたというお話がありました。聴力検査の結果と合わせて、聞き間違えが起こる理由を説明します。

まず鈴木様の聞こえの状態(オージオグラム)を簡単にご説明します。

オージオグラムについて詳しい説明をご覧になりたい方は、以下のリンクに進んでください。
もう難聴?聴力検査の結果を自分で読んでみよう

まずこの図の見方ですが、難聴でないラインは、20という数字にあります。
一般的に、このラインよりも上に聞こえのラインがある人は、難聴でないとされています。
健聴の聞こえを表すオージオグラム

次に、鈴木様の聞こえの状況を見てみましょう。

(仮名)鈴木様のオージオグラム

高い音色(右側)に向かって、比較的急な下がり方をしています。

このように検査結果の聴力ラインが、「20の健聴ライン」を下回っていると難聴です。聴力ラインが図の下にいくほど、難聴が進行していることを表しています。

鈴木様の聴力を見ると、低い音色(左側)の聞こえは健聴ラインと変わりません。
その代わり高い音色(右側)の聞こえは、急な下がり方をしています。その結果、言葉の『母音』は聞こえるものの、『子音』のみが聞き取りづらくなるのです。

母音、子音成分を追記したオージオグラム

母音「a,i,u,e,o」は聞こえる範囲にいる、一部の子音「th,s,k,h」は聞こえない

その結果、先に書いたように英語の子音を聞き間違えてしまうことが考えられます。この検査結果からは「補聴器を使わずに英語の聞き取りをするのは難しいであろう」ことが分かります。

「英語をよく聞き取りたい!」というご要望に合う補聴器と、調整を提案。

選んだ補聴器は、GNリサウンド『リサウンド・リンクス クアトロ9』

GNリサウンド『リサウンド・リンクス クアトロ9』

『リサウンド・リンクス クアトロ9』充電式 973,000円(両耳・充電器代込)

初めに鈴木様から伺った「補聴器を着けることで英語の会話をスムーズに行いたい。また補聴器の音質も重視したい。」「英語メディアをスマホで見るため、スマホの音が補聴器から聞こえるものが良い」という2つのご要望に応える補聴器を見つけるため、いくつかの手順を踏んで試聴を進めることをご提案しました。
まずスマホと接続できる器種を複数ご用意し、鈴木様に好みの音質を選んでいただきました。英語の聞き取りについては、補聴器の音を微調整する方法で、改善することを目指しました。

補聴器メーカー3社の音質を聞き比べていただき、最も鈴木様の好みに合っていたのはGNリサウンド社の『リサウンド・リンクス クアトロ9』という補聴器でした。この器種は、英語の聞き取りにとって重要な高い周波数の音の自然さに優れています。製造元のGNリサウンドは、世界シェア4位の大手補聴器メーカーです。

英語用の補聴器調整は、日本語用とは別物です。

補聴器は、使う人に合わせた細かい調整によってその真価を発揮します。
またその調整も、日本語と英語の特徴に合わせて、分けて行われる必要があります。
鈴木様の補聴器に関しても、日本語と英語、それぞれの言葉の聞こえを良くするための調整を行いました。これからその方法について説明していきます。

補聴器の調整についてもう少し知りたい方は、以下のリンクをご覧ください。
補聴器の調整ってなに?

英語で困っていても、まずは日本語の聞き取りが先。

日本語に合わせた補聴器の調整について、少し説明します。
補聴器の調整は、特定の音色(周波数)の音量だけを大きくすることによって、その人の聞こえづらい音域を”補う”という考え方が基本です。いわゆる『集音器』のように、全ての音を一様に大きくするわけではありません。
どれくらいの音量で補うのかについては、ある程度の基準はあるものの、実際はその方の困り具合によって変えています。4mくらい遠くの会話を聞きたいようなら、音量をだいぶ大きくする必要がありますが、そうすると違和感も強くなります。逆に、2m程度の近くの会話に限定して聞こえをよくしたいなら、そこまで音量を大きくしなくても十分聞こえますし、違和感も少なくできます。
鈴木様にもこの考え方をご説明し、違和感が出ない範囲で大きくしてほしい、という鈴木様のご要望に合わせて調整を行いました。

日本語の効果確認の検査で、数値が改善しました。

(仮名)鈴木様のスピーチオージオグラム

日本語の聞こえを確かめるために、『語音検査』という検査を行いました。
この検査では言葉の正答率の測定を行い、語音検査の結果は%で表されます。
鈴木様の場合、小さい言葉の聞こえが45%→70%に改善したため、
『日本語の聞き取りにおいて、補聴器の効果がはっきり出ている』と私たちは判断しました。

実際に英語の聞き取りを改善した補聴器の調整。

英語を聞き取るための補聴器調整は、日本語と少し変える必要があります。
その理由は、英語における子音のバリエーションが、日本語よりも多いからです。

英語子音を追記したオージオグラム

英語で聞き取れていない子音

日本語の子音を追記したオージオグラム

日本語で聞き取れていない子音

そして先に説明した通り、子音は高い音色(周波数)に多く分布しているため、英語の聞き取りを良くするには、高周波数の音域を日本語よりも大きくすると有効な場合が多いです。

日本語用の調整

英語用の調整

このように、日本語と比べ、英語の方が高周波数の音量の上げ幅(dBで表されます)が大きくなっているのが分かります。しかしいつもこの音量で補聴器を使うと疲れてしまうという鈴木様のご意見をいただきました。そのため、普段は日本語用の調整で使ってもらい、英語を聞き取る時だけ、補聴器のスイッチを押して英語用の調整に切り替えていただくように設定しました。

店内の防音室で英語を流す、独自の方法で調整しました。

聴検室の画像

日本国内においては、補聴器販売店における英語の効果確認法は確立していません。しかし、当社の一部店舗では補聴器の効果確認を英語でするために、英語の文章を聞いていただきながら、調整することができます。日頃鈴木様が会話をする相手の声の大きさに合わせ、英語の音を流しながら調整することで、実際に補聴器で英語を聞く際の状況をイメージしながら調整することができました。

特別な調整の結果、英語の子音の部分が聞きやすくなったことで、聞き返しが減った。

実際の感想として、「英単語の聞き間違いが少なくなり、聞き返しが減った」と教えていただきました。また「今までは会話のだいたいの内容しか分からなかったのが、細かい部分まで聞き取れるようになったので、こちらから発言もしやすくなった。学生との関係も、前より良くなった気がしますよ。」とお話になっていました。

英語のための調整の方法は、他にもあります。

今回ご紹介した英語を聞き取るための調整は、あくまで一例です。鈴木様と同じような調整方法が合わない方もいれば、他の方法でとても良く聞き取れる場合もあります。
調整の方法はその方の聞こえのレベルや困りごとによって変わりますが、調整をする補聴器技能者の技量によって変わることもあります。英語が良く聞き取れる補聴器をご希望であれば、『認定補聴器技能者』の資格を持った人に依頼した方が良い結果を得られるでしょう。

英語メディアの視聴のため、スマホと接続できる補聴器を選びました。

スマホを持つ画像

この方の場合、「スマホと接続できる補聴器が良い」という明確なご希望がありました。
スマホから補聴器に音を飛ばす機能は、最近の補聴器のトレンドとなっています。通信規格には『Bluetooth』(ブルートゥース)が使われています。この機能を使えば、スマホに着信した電話を補聴器から聞いたり、YouTube(ユーチューブ)の音声を補聴器から聞きながら動画を見たりすることができます。

鈴木様は、BBCの英語ニュースをスマホで視聴しているそうです。ニュースの音声も補聴器によって調整されているので、鈴木様にとって聞きやすい音で視聴できるとのことでした。
参考:BBC World News: 24 hour news TV channel – BBC News

アンケートにて実際の感想をお聞かせ頂きました。

Q1:どうやって当店を見つけましたか?

A:インターネット

Q2:当店にご相談になる前には、どんな事でお悩みでしたか?

A:アメリカ駐在中に使用していたメーカーを東京で探した

Q3:当店での対応(補聴器の調整、接客、聴力測定など)はいかがでしたか?

A:抜群の出来

Q4:他にも補聴器の販売店がある中で、何が決め手となって当店でご購入いただけたのでしょうか?

A:ベストなフォロー、サービス

Q5:実際に補聴器をお使いになってみていかがですか?素直なご感想をお聞かせください。

A:微調整を数回行っているが、OK
お客様アンケート

その後

補聴器の納品後、2週間後に補聴器の聞こえ具合を改めて確認しました。
「起きている時はずっと着けているよ。もうこれがないと怖くて生活できないよ。」
「当初は今年中で退職しようかと思っていたけど、契約を延長しました。これだけ聞こえるようになったから自分の能力を生かして、もうちょっと働くことにしたよ。」

「補聴器がないと生活できない」というお客様の言葉は、補聴器の調整が良く合っている1つの目安になります。生活の質の向上に役立つことができ、大変嬉しく思いました。

ここまで記事をお読みいただき、ありがとうございます!
これからも、色々なケースの事例を取り上げて、記事を掲載する予定です。
ご質問・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームよりお願いします。


本記事に いいね を押していただけると、担当者のはげみになります。よろしくお願いします。

この記事は
私が書きました

大塚祥仁 写真

大塚 祥仁
【認定補聴器技能者】

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

保有資格:認定補聴器技能者、医療機器販売管理者

★ Twitter はじめました。耳の話を真面目に書いてます! : @mimi_otsuka

人気の記事を見る
補聴器 価格・補助金 補聴器の選び方 難聴 よくあるご質問 その他