補聴器の調整を自分でする方法はあるの?


この記事が「いいね」と思ったら、シェアお願いいたします

補聴器の調整を自分でする方法はあるの?

簡単な調整ならスマホアプリで出来る

補聴器を使い始める最初の一回は、専門店などで聴力を検査し、検査結果に合わせた専門家による調整が必要です。
その後、自分で微調整したい人のために、ほとんどのメーカーから専用のスマホアプリが無料で提供されています。

スマホにアプリをインストールすることで、スマートフォンが補聴器の音量やプログラム切替ができるリモコンのような働きをします。

補聴器のメーカーによって、どこまで細かく調整できるか決まります。基本的には、最新の補聴器で、最新のアプリを使った方が、自分で細かく調整できます。

ワイデックス社の最新アプリは自分好みの音に変えられる

ワイデックス社の最新補聴器『EVOKE(イヴォーク)F2』は、専用のアプリを入れるとスマホからEVOKEをリモコン操作できます。

画像はワイデックス社のホームページより引用

アプリを使用すると、さらに細かく、自分でオリジナルの音作りができます。

・音質調整を低・中・高帯域ごとにバランスを微調整できる
・左右の音量を、別々に音量調整できる
・自分の補聴器がどこにあるか検索ができる
・前後左右の聞きたい方向の音を選ぶ音ができる

これまでにない機能として、
自分好みの音に変えることができる
下の画像はアプリの画面です。

2つの音を聞き比べて、選択します

今の自分にぴったりな音を自分で選ぶことができます。

シバントス社の最新アプリは、初期設定が大切。

通常、アプリを使って、自分で補聴器を調整する場合、音量の大きな変化はできません。
しかし、シバントス社の補聴器では、個別に音量の増減幅を広げることができます。
専門店で、最初に調整してもらう際に「自分で、細かく微調整したいので、音量やボリュームの調整幅を広げておいてください」と伝えておくと、あとから自分で調整できる範囲が広がります。初期設定の調整で8㏈から最大32㏈幅まで、設定することができます。

・シグニア補聴器の「マイコントロールアプリ

補聴器メーカーは専用アプリを無料公開

ワイデックス社、シバントス社のほかにも、多くの補聴器メーカーが、補聴器用のスマホアプリを開発し、無料で公開しています。
基本的に、補聴器の種類とスマホアプリは、決まった組み合わせでないと動作しません。補聴器を購入するときに、カタログを見ていただくと、器種に合わせたアプリが紹介されています。

・フォナック社の「リモートアプリ」
・GNリサウンド社の「リサウンド スマート3Dアプリ
・スターキー社のアプリ「トゥルーリンク

※すべての現行品の補聴器にアプリが対応しているわけではありません。
スマホアプリを利用したい方は、ご相談ください。

自分で調整できるトリマー式補聴器

自分で調整可能な補聴器に、トリマー式補聴器という種類があります。
近年では、ほとんど見なくなりましたが、2000年頃までは数多く、流通していました。

トリマー式補聴器には、補聴器本体の中に下図のような”トリマー”と呼ばれるつまみが付いています。このトリマーを回すことで、補聴器の音を調整できるようになっています。

トリマー式補聴器は、一般的な補聴器と違い、パソコンにつなぐ必要がありません。マイナスドライバーがあれば、音質を調整できます。

トリマー式補聴器が減った理由は、補聴器のデジタル化

トリマー式の補聴器のメリットは、価格が安いこと、そしてご本人が簡単に調整できることです。
デメリットは、現在のほとんどの補聴器と比べて、機能が少なくなっています。

補聴器は2000年ごろからデジタル化が進み、現在では内部に高性能はコンピュータが搭載され、聴力に合わせて雑音を自動で抑制する機能が入っています。この機能を適切に働かせるには、パソコンにつないだ微調整が必要になります。
トリマー式補聴器では、雑音を自動で抑制する高度な機能がありません。

トリマー式補聴器をおすすめする方

当店でトリマー式補聴器をおすすめするお客様は以下の項目に当てはまる方です。
・毎日、聴力の変動があり、自分で調整する必要がある方
・発展途上国へ長期出張する予定があり、自分で管理する必要がある方

トリマー式補聴器を取り扱っているメーカーはこちらです。

・GNリサウンド|「リサウンド・マッチ」
・ベルトーン補聴器|「S90-SP」
・リオネット|トリマー式デジタル補聴器
・コルチトーン|耳かけ型トリマー調整

そもそも補聴器の調整ってなに?

ここまで、自分でできる調整方法をご紹介してきました。
2000年頃から補聴器の調整は、とても複雑になってきました。
同時に、大きすぎる音を聞くことは、難聴を悪化させてしまう場合があることも、医学の進歩で分かってきました。

専門店での補聴器の調整は、安全でよく聞こえる為に、聴力検査や効果確認の検査を行いながら進めています。

お客様に特別な事情、たとえば外出が困難、海外や離島に住んでいる、仕事の休みがどうしても取れないなどのご事情が無ければ、少なくても最初の一回だけは専門店で調整させていただくのが、安全でよく聞こえると思います。

調整に関連したこちらの記事もご覧ください。

補聴器3か月無料サービスのご質問・ご相談はこちら


本記事に いいね を押していただけると、担当者のはげみになります。よろしくお願いします。

この記事は
私が書きました

この記事は大塚祥仁が書きました

大塚 祥仁
【認定補聴器技能者】

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

保有資格:認定補聴器技能者、医療機器販売管理者

★ Twitter はじめました。耳の話を真面目に書いてます! : @mimi_otsuka

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について