高齢者の4人に1人は認知症予備軍。認知症の予防には補聴器が有効です


友だちとシェアする

日本の認知症患者は2012年に462万人を数え、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれています。
2025年には700万人を超えるという予測もでており、認知症は皆さんの身近で起こっている大切な問題です。
当店へご来店いただくお客様の中にも、ご家族に認知症の方がおり、お悩みを抱えている方も少なくありません。

そこで認知症に関連があると言われている、難聴がどのように関係しているのか、
また、私たちが取り扱う補聴器が認知症にどのような効果があるのかをお話しさせていただきます。

難聴と認知症の関係、そして認知症の予防に有効な補聴器の話

皆さんの周りには認知症の方はいらっしゃいますか?

先に書いたように、高齢者の4人に1人は認知症または予備軍といわれており、認知症は、この高齢化社会において身近かつ大切な問題です。

そんな中、厚生労働省は平成27年1月に、認知症対策を強化する計画を発表しました。
その中で示されたのが「難聴も認知症の危険因子」という事実。
つまり、難聴になると認知症になる可能性が高くなるということです。

しかしなぜ「難聴になると認知症になる」可能性が高くなるのでしょうか。

難聴と認知症の関係

難聴になると会話が減って、頭を使わなくなりがちです。
そのため、難聴は認知症の原因になると考えられています。

また難聴になると日常の会話で聞き返す事が増え、その繰り返しで自信を失い、
コミュニケーションが減っていくという悪循環に陥ってしまします。

難聴と認知力の低下に関する著名な研究をしたフランク・リン医学博士も、なぜ難聴の人が、
認知症になりやすいかについて下記のように仮説を発表しています。

  1. 難聴を抱える人は、話を耳で聞いて理解することが脳に大きな負担となるため。
  2. 聴力の低下した人は、社会的に引きこもりがちになり、通常の交流が不足するため。
  3. これらの要因が組み合わされて認知力低下の要因となっている。

補聴器と認知症について

認知症の予防には補聴器が有効とされています。

というのも、厚生労働省の発表では、認知症の発症と進行の予防に「社会参加、活発な精神活動」が有効とされています。
社会参加や家庭内の会話を楽しむためには、気持ちよく会話ができることが大切です。
そのため会話を助ける補聴器が有効と言えるのです。

予防の意識を持ち、聞こえが衰える後期高齢者になる前から早めに補聴器を使い始めることが簡単で有益な対策となります。

今、聞こえに困っている方、認知症になるのではと不安を感じている方は、予防や改善の選択肢として補聴器の検討をおすすめします。

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら


友だちとシェアする

この記事は
私が書きました

大塚 祥仁

この記事は大塚祥仁が書きました

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について