補聴器を使うと、耳鳴りはどうなるの?


友だちとシェアする

耳鳴りの原因は解明できていません

まず、耳鳴りの原因は、諸説ありますが、医学的にハッキリとは解明されていないようです。
諸説ある原因の仮説をいくつか書いてみます。

・脳の勘違い(慢性的な脳の誤作動。耳鳴りが癖になった状態)
・蝸牛の異常。(蝸牛とは鼓膜より奥にある器官です)
・自分の血流?の音が聞こえる。
・耳管狭窄などによる中耳の気圧異常。

また、耳が遠くなると、耳鳴りが出てくる場合もあるようです。

耳鳴りの対策を行う事で改善されることもあります。

諸説ある原因に対して、どれが正しいかはっきりしないとは言っても、対策を行う事で改善する場合もあります。

やはり、まずは、医師に相談するのが大切だと考えます。

受診する病院としては、まずは耳鼻科だとはおもいますが、他にも

・内科
・心療内科
・特殊な整体(頭蓋骨、および顎関節の矯正が出来るトコロ)

などがあげられます。
原因が特定されていないため、対策も様々あるようです。

補聴器と耳鳴りの関係について

正しく調整された補聴器を使って、耳鳴りがひどくなったという話は、ほとんどありません。

ただし、補聴器の調整が今ひとつであったり、使い始めたばかりの方のごくいちぶにおいて、
耳鳴りに影響が出ることもあるようです。

正直な話、この原因については不確実な部分がありますが、音が聞こえすぎることによるストレスや、
オーダーメイドの耳栓を使った際、形状が合っていなかったときに起こることが経験的にあり、
ほとんどが音の調整、もしくは耳栓の形を修正するなどで耳鳴りへの影響は解消されました。

逆のパターンとして、補聴器を付けている間、耳鳴りが気にならなくなったという事例もございます。
しかし絶対に改善されるというものでもなく、やってみないとわからないところがあります。
ですので、補聴器の試聴サービスなどを利用して、ご自分でお確かめいただくのがオススメです。

やはり私たちが日々感じることは、補聴器には正しい調整が必須で、お客様の不安/ストレスを
一つ一つ解消していくことが、よりよい聴こえに繋がっているのだということです。

聞こえの困りごとは、いつでも何でもプロショップ大塚へご相談下さい。

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら


友だちとシェアする

この記事は
私が書きました

大塚 祥仁

この記事は大塚祥仁が書きました

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について