補聴器の値段と選び方、自分で比較する3つのポイント


友だちとシェアする

補聴器の値段と選び方、自分で比較する3つのポイント

補聴器は値段によって、性能が大きく変わります。

補聴器の値段は40,000円ほどから百万円以上まで、器種によって大きな価格差があります。当然、値段が高いほど高性能で、言葉を聞き取るための補助機能が強力になります。

補聴器への期待が大きい方(耳のいい人以上に聞こえたい等)や、難聴が重い方は高性能で高価格な補聴器が必要になります。逆に、あまり期待していない方(テレビだけ聞こえればいい等)と、軽い難聴の方は低価格の補聴器で十分な場合があります。

補聴器の値段は性能によって、大きく変わる

補聴器専門店で販売されている補聴器の値段は、もっとも安いもので40,000円程度から、最高額の高級品は両耳セット価格で百万円を超えるものまであります。補聴器は高額になると、何が変わるのでしょう?

値段の違いは性能の違いによるもの

近年の補聴器には、内部にコンピュータが入っています。
補聴器の中にはコンピュータが入っています

このコンピュータの性能が高いと、言葉だけを選んで大きくハッキリさせて、言葉以外の雑音は小さくする機能が強力になります。つまり高価格な補聴器は、言葉だけをハッキリ聞き取ることが出来るようになります。逆に低価格な補聴器では、言葉と言葉以外の雑音を分ける機能が弱くなり、雑音が入るようになります。

高価格な補聴器がすべての人に必要なわけではない

「雑音を抑える機能」が強力な高価格で高性能な補聴器は、たしかに快適です。しかし、すべての人に高価格な補聴器が必要なわけではありません。じつは高性能な補聴器が減らしてくれる雑音というのは、耳のいい人なら常に聞いている生活音なのです。

例えば、新聞をめくる紙の音、食事中に食器をテーブルに置いた音、冷蔵庫のドアが開けっぱなしのお知らせ音、エアコンのモーター音など、日々の生活の中で当たり前に存在している生活音です。

耳のいい人は、これらの生活音を常に聞いているので、あまり意識しません。しかし難聴の人は普段の生活の中で、これらの生活音が聞こえなくなって、忘れてしまっています。そのため、耳のいい人なら聞こえて当たり前の生活音が聞こえても、不愉快な雑音に感じてしまいます。

生活音を不愉快に感じる症状は、難聴になってから長い年数が経過しているほど起こりやすくなります。逆に難聴になって早めに補聴器を始めた方は、生活音を不愉快に感じることが少なくなります。つまり難聴になったら早めに補聴器を始めれば、お値打ちな補聴器でも、雑音を感じず快適によく聞こえる可能性が高いということです。

高性能な補聴器が、あまり必要でない方は下記のとおりです。

  • 難聴を自覚して半年以内の方、難聴になって日が浅い方
  • 難聴の程度が軽い方

この逆に、高性能で値段の高い補聴器が必要な方は

  • 難聴になってから、年数が経過して「生活音」を忘れている方
  • 難聴の程度が重い方


補聴器の値段は幅が広く、器種も数百種類あります。実際に補聴器を選ぶときには、高価格なもの、値段の安いもの、そして中くらいの価格のものも、すべて体験してみることをおすすめします。

実際に補聴器の体験をご希望の方は、ぜひプロショップ大塚までご相談ください。

フリーダイヤル 0120413369

補聴器の形による価格の違いは、2万円~4万円ほど

補聴器には、おもに4つの形状があります。装着する場所が、耳の上になるか、耳の穴の中になるかなど、どこに装着されているかによって分類されます。

補聴器の形状は4種類

4つの形状は、小型耳掛け型補聴器、標準サイズの小型耳掛け型補聴器、完全に見えない小型耳穴型補聴器、標準サイズの耳穴型補聴器に分かれます。

補聴器の形状、4種類の比較図

形状が変わると、見た目や取り扱い方法が変わります。小さい補聴器は目立ちにくくなりますが、取り扱いは少し細かくなります。大きな補聴器は取り扱いは簡単ですが、耳につけて外から見える場合があります。

耳穴型補聴器の価格はプラス2万円ほど

補聴器の形状による価格の違いを、補聴器メーカー、ワイデックス社のカタログで見てみましょう。

ワイデックス社のカタログ写真

上記のページには、色々な形の補聴器の写真が載っています。実はこのページに掲載されている補聴器は、中に入っているコンピュータはすべて同じものが入っており、性能はほとんど同じです。音質や雑音を抑える機能も、ほとんど同じです。しかし価格は、耳穴型が230,000円、耳掛け型が210,000円となっています。つまり形が変わることで、同じ性能でも20,000円程度の差が出るということです。
なお耳穴型補聴器が高くなっている理由は、お客様一人一人の耳の形に合わせて制作するオーダーメイド品になるためです。
実際に補聴器を選ぶ際には、20,000円の値段の違いと、見た目の目立たなさや取り扱いの簡単さなどを考慮して選んでいただくのが良いと思います。

メーカーによる違いは、価格よりも音質と難聴との相性

補聴器は、メーカーによって値段が大きく変わることはありません。高級ブランドや低価格ブランドというものが無いのです。ほとんどのメーカーが低価格品から最高級品まで製造・販売しています。しかしメーカーを変えると、大きく聞こえ方が変わってきます。補聴器メーカーは、それぞれ音質が異なり、それによって適合する人も変わってきます。
(ごく一部にニコン、オムロン、オンキョーなど、低価格な補聴器しか製造していないメーカーもあります。これらは家電メーカーや音響機器メーカーで、高性能な補聴器を作っていません)

補聴器メーカーによる音質の差と、よく聞こえる環境の違い

補聴器メーカーによって何が変わるのか、具体的な例をあげます。

例えば、言葉がハッキリすることに重きを置いているメーカーとして、ワイデックス、フォナック、バーナフォンなどがあげられます。これらメーカーの補聴器は、会議などで少し距離の離れた人の声を聞きたいときなど、小さい声や離れた人の言葉を聞く場面を得意としています。

逆に補聴器を付けても雑音が気になりにくい快適性を重視したメーカーとして、シーメンス、リオン(リオネット)、パナソニックなどがあげられます。これらメーカーの補聴器は、雑音を抑える機能に優れており、高齢の補聴器初心者にとっては、雑音の負担を減らしてくれる可能性が高いです。

値段の高い高性能な補聴器なら「いいとこどり」も可能だが・・・

高性能な補聴器になれば「いいとこどり」は出来ますが、必要のない過剰な機能が含まれていれば、値段が高くなってしまいます。補聴器のメーカーを選ぶ際には、年齢や補聴器を使った経験、難聴の程度、補聴器を使う環境を踏まえて、それにあったメーカーを選ぶことが大切です。

主要な補聴器メーカーは、およそ10社ほどあります。
【参考】補聴器メーカーのシェア率の比較と特徴

どこの補聴器メーカーが良い・悪いというわけではなく、補聴器を使う方の耳の状態や生活環境によって、メーカー音質との相性が決まるというわけです。

補聴器を実際に買って満足度が高いのは、やはり二社以上の補聴器を体験した人

実際に補聴器を買った方を対象にしたアンケートでは、一社しか取り扱いのないメーカー直営の販売店で補聴器を買った人よりも、複数のメーカーを比較できる独立系の補聴器専門店の方が高い評価を得ていました。

【参考】補聴器小売業者の格付け(英語:有料記事)

補聴器を買う前に、二社以上の製品を体験しましょう

補聴器を選ぶときには、二社以上の補聴器メーカーを体験するのがおすすめです。私たち、補聴器専門店プロショップ大塚では、すべての難聴と生活環境に対応できるよう、大手補聴器メーカー4社の製品、100器種以上を試聴用にご用意しています。すべて無料で試聴・体験でき、最長三か月間のレンタルが可能です。補聴器を選ぶ前に、メーカーによる音質の違いをぜひ聞き比べてください。

同じ値段の補聴器でも、調整によって聞こえ方は大きく変わる

まったく同じ補聴器でも、どこの誰に調整してもらうかによって、聞こえ方は大きく変わります。

専門の病院で調整してもらって、よく聞こえる場合がある

難聴の治療と対策を得意とする済生会宇都宮病院の補聴器外来では、他店で購入した補聴器の相談も受けつけています。宇都宮病院が公開しているデータによると「買った補聴器が役に立たない」と、二年間で136人が相談に来ており、そのうち135人(なんと99パーセント!)の補聴器は、不適切な調整でをされており、言葉がうまく聞き取れない状態だったそうです。

この相談者の方々は、医師や言語聴覚士または認定補聴器技能者などによる補聴器の再調整または修理を受けました。補聴器を買い替えることなく、よく聞こえるようになった方は、50パーセントを超えるそうです。(なお残りの方々は、補聴器の機械そのものが聴力に合っていないため調整しても効果が無かった例です)

よく聞こえる理由は聴覚リハビリ

専門の病院や私たち補聴器専門店の調整サービスで、よく聞こえるようになる理由は、検査や調整技術など数多くありますが、もっとも大きな理由は聴覚リハビリです。

お年とともに少しずつ難聴が進んだ方の場合、先に紹介した通り「生活音が聞こえる」ということを忘れてしまっています。生活音を忘れてしまった方が、よく聞こえる生活を取り戻し、補聴器を使いこなすために必要なのが聴覚リハビリです。
これは補聴器の音量を、最初はわざと小さめの音に設定し、補聴器を毎日10時間程度使っていただき、週一回程度のペースで少しずつ音量を上げていくリハビリです。よく聞こえるようになるまで病院(または私たち補聴器専門店)に通う期間は、およそ一か月ほどで、回数は5回程度の方が多いです。

なお、この聴覚リハビリを体験したお客様の声として「最初、体験したときは高い補聴器でないと着けていられなかったけど、最近(聴覚リハビリ終了後)は安い補聴器でよく聞こえるよ。大塚さん、ありがとう!」と言っていただくことが、よくあります。聴覚リハビリを経験したあとに、お値打ちな補聴器を購入して、よく聞こえるようになった方は実際にたくさんいらっしゃいます。

補聴器の調整や検査の技術が確かなのはどこ?

補聴器を選ぶときには性能やメーカーに加えて、検査や調整の技術が必要だと言えます。検査や調整の技術を持っているのは、補聴器専門店または言語聴覚士という専門家が常勤して難聴対策を専門に行っている病院です。

私たちプロショップ大塚では、他店で購入された補聴器の相談・調整を承っています。主要な補聴器メーカーの製品であれば、調整や修理も可能です。他店で、安い補聴器をすでに買った方も、高級な補聴器でよく聞こえずガッカリしてしまった方も、お気軽にご相談ください。

なお料金は、相談、聴力検査、補聴器の点検までは無料。調整については有料(初回のみ片耳10,800円、二回目以降は無料)で、できる限りのサポートを行っています。

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら

安い補聴器で、よく聞こえる人と、よく聞こえない人の違い

軽い難聴の方は、安い補聴器で簡単によく聞こえる場合があります。軽い難聴の段階で、早めに補聴器を使い始めた人は、お年とともに聴力が低下しても、お値打ちな補聴器でよく聞こえる場合があります。

補聴器初心者は聴力と環境で、必要な性能と価格が変わる

補聴器は、耳の遠くなった難聴の方を、耳のいい人に近づける道具です。重い難聴の場合、よく聞こえるようにするのは大変ですが、軽い難聴の方であれば、早く、簡単、お値打ちに聞こえを改善できることがあります。

聴力の他に、もう一つ大切なこととして、どんな場面でよく聞こえるようになりたいかという問題があります。にぎやかなレストランや騒がしい居酒屋など、耳のいい人でも言葉を聞き取ることが難しい場面で、補聴器を使ってよく聞こえるようにするのは、やはり難しいことです。

まとめると、安い補聴器で必要十分によく聞こえる人というのは、聴力は軽度難聴または中程度までの難聴で、静かな環境で生活している方です。

  軽い難聴 重い難聴
ちょっと聞こえればいい
お値打ちな
補聴器でOK

高機能な
補聴器が
オススメ
会議などでしっかり聞きたい
高機能な
補聴器が
オススメ
×
お値打ちな
補聴器では
不可能

安い補聴器で、よく聞こえる人と、よく聞こえない人の違い

補聴器を早く始めると、年をとってもお値打ちな補聴器でよく聞こえる場合がある
「予防は治療に勝る」(少し拡大、強調)
医療関係者であれば誰でも知っている話ですが、文字通り「予防は治療に勝る」です。

軽い難聴の段階で、補聴器を早めに始めると、ずっと安い補聴器でよく聞こえる場合があります。(※すべての方が当てはまるわけではありません)

お年とともに聞こえにくくなる加齢性難聴の場合、軽い難聴のうちから補聴器を始めている方は、二台目・三台目と買い替える際にもお値打ちな補聴器で、十分によく聞こえる場合があります。通常、お年とともに難聴は進みますから、買い替えるころには中程度の難聴や高度な難聴と進行している場合があります。それでも早めに補聴器を始めていると、最初と同程度の値段の補聴器で、十分によく聞こえる場合があります。
この逆に軽い難聴が始まった時に、放っておいたり、聞こえないことを我慢してしまうと、どうなるのでしょうか。先に書いた通り、加齢によって難聴が進行して、何も対策しないまま中程度難聴や高度な難聴になってしまうと、安い補聴器で聞こえを改善するのは、難しくなってしまいます。
対策を始める具体的な目安としては、例えば「健康診断の聴力検査で再検査になった」「家族にテレビの音量が大きいと(一度でも)言われた」などです。思い当たることがあれば、お早めにお値打ちな補聴器を使うことをおすすめします。
早めに補聴器を始めることが、お値打ちによく聞こえる状態を維持することにつながります。

あなたにとって良く聞こえて、お値打ちな補聴器の選び方

最後に、補聴器を実際に選ぶ際、もっともお値打ちで、よく聞こえて間違いのない選び方をご紹介します。ポイントは、聴覚リハビリ、メーカー選び、補聴器の価格と効果、この3点です。
なお、ご紹介する補聴器の選び方は、私たちの提供する「補聴器の三か月無料試聴サービス」のおすすめ利用方法でもあります。

最初の一か月は聴覚リハビリ

補聴器をレンタルして、最初の一か月は、聴覚リハビリを行います。聴力検査の結果に合わせて、少し小さめの音量にした補聴器を、無理のない範囲で、毎日使っていただきます。週に一回のペースで、少しずつ音量を上げていき、四週間後に初めてよく聞こえる音量にします。
この手順を踏むことで、生活音を忘れてしまった方にも負担なく、よく聞こえるようになります。

二か月目はメーカー比較

二か月目は、メーカーの音質比較を行います。先に書いた通り、補聴器は値段の高い安いよりも、メーカーと耳の相性がとても大切です。この段階では、すでに一か月程、ご本人が補聴器を経験しているので、補聴器の音質の違いが自分でしっかり分かります。
一週間に一つの補聴器メーカーをお試しいただき、少なくても二社の補聴器を体験して、ご自分で比較していただくのが良いでしょう。ご興味のある方は四社以上の補聴器を体験する方もいます。
ご自分で体験していただき、メーカーの違いが自分で分かったうえで選んでいただきます。

三か月目、最後に値段と聞こえの比較

最後に「補聴器の値段」と「聞こえの効果」を比較して、ご自分で選びます。
補聴器は4万円程度から最高100万円以上のものまで、価格の幅が広いです。安い補聴器と高い補聴器の聞こえや効果の違いが、ご自分で感じられなかったのであれば、お値打ちな補聴器で良いでしょう。しかし聞こえや効果の違いを感じた場合は、その効果が補聴器の値段に見合うのか、よく考えましょう。
「補聴器の値段」と「聞こえの効果」の判断は、ご本人が自身の体験をもとに判断していただくのが、一番確実で、もっとも納得できる選び方になります。

私たちの仕事は
「予算内で一番よく聞こえる」「違いが分かるお手伝い」

私たち補聴器専門店プロショップ大塚では「ご予算の中で一番よく聞こえる補聴器のご提供」と同時に「ご本人が納得できる、聞こえの違いが分かるお手伝い」の両方を目指しています。

確実によく聞こえて、さらにお値打ちな補聴器を選びたい方は、ぜひプロショップ大塚の「補聴器三か月無料お試しサービス」をご利用ください。なお、ご相談や聴力検査、補聴器の体験は、すべて無料です。ご相談だけの方もご遠慮なく、お問い合わせください。


友だちとシェアする

この記事は
私が書きました

大塚 祥仁

この記事は大塚祥仁が書きました

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について