耳が遠くなった気がする。どうしたらいい?


友だちとシェアする

耳が遠くなった気がする。どうしたらいい?

「耳が遠くなったかも?」と感じたら、どうしたらいいでしょうか?
それは日々の疲れがたまった身体のサインかも知れませんし、もしかしたら病気や加齢かも知れません。
難聴にも一時的に疲れただけの場合、病気、老化などいろいろあります。
まずは自分の耳の状態を、簡単に確認してみましょう。

耳が遠くなった気がしたのは、過去90日以内で、かつ突然の大きな聞こえの変化でしたか?

例えば、ある朝、起きたら急に聴こえにくくなったなどです。
この場合は、突発性難聴やメニエール難聴などの病気の可能性があります。すぐ病院へ行って下さい。

※急に聞こえなくなるメニエール病については、こちらをご覧ください。
めまいと難聴になるメニエール病 |プロショップ大塚

過去に副鼻腔炎や中耳炎の経験はありますか?または最近、風邪になりましたか?

鼻と喉(のど)と耳は、顔の中でつながっており、密接に関係しています。
そのため耳以外で炎症が発生すると、聞こえに影響する場合があります。
炎症などが原因で耳が遠くなっている場合は、炎症が完治すれば聞こえが改善することがあります。
過去のご相談者様でも「耳鼻科に耳の相談で行ったら、先に鼻の治療です」と言われたなどの例があります。

あなたは50歳代以上ですか?過去5年くらいで、少しずつ耳が遠くなった気がしますか?

この場合、加齢性の難聴かも知れません。加齢性の難聴は、治療が難しいと言われています。

だからといって、そのまま放置して良いというものでもありません。難聴の進行については、予防できる場合があると言われています。治療が難しい現在、予防することはとても大切です。
ぜひ下記の記事を読んで下さい。

※難聴の予防に関して記事を書きました。
難聴の原因と、難聴を予防する4つの方法|プロショップ大塚

まだ49歳以下ですか?ご両親やおじいさん・おばあさんに耳の遠い方はいましたか?

加齢性の難聴ではなく、遺伝による家族性の難聴というものがあります。
その場合、お若くても早くに耳が遠くなる場合があります。

一度、病院や補聴器専門店にご相談いただくのがいいと思います。

まだ49歳以下ですか?テレビの音量が大きいと、家族に注意されましたか?

ご家族にテレビの音量について注意された場合でも、実は難聴ではないかも知れません。
聞こえの検査の一つに快適レベル(MCL:most comfortable loudness level)と言われるものがあります。
これは簡単に言うと、音の大きさの好みです。

下記は、今までの相談者様の観察結果ですが

大きな音を好む人(MCLの値が大きい人)
小さな声でも聞き取れますが、より集中力が必要になり、疲れます。
またわずかな騒音でも言葉の聞き取りが困難になります。

小さな音を好む人(MCLの値が小さい人)
自身の話し声が小さい傾向にあります。またテレビの音量も小さな音量を好みます。

大きい音を好む人 と 小さい音を好む人(MCLの値が大きく差がある)が一緒にいると、結果として、お互いにストレスを貯めてしまうことが考えられます。

例えば、テレビの音量を、大きい音を好む人に合わせれば、小さい音を好む人には、うるさく感じて不愉快です。
逆に、小さい音を好む人に合わせれば、大きい音を好む人には、集中力が必要で疲れるか、テレビを見るのを諦めてしまいます。

少なくとも、相手が自分と異なる音量を好んでいるということを、ちゃんと把握できていることで、漠然とストレスを貯めるのではなく、お互いの立場にたって、対応ができるかもしれません。

MCLが測定できるのは、耳鼻科の中でも、聞こえや補聴器に力を入れている病院と、一部の補聴器専門店に限られます。
プロショップ大塚では、ご本人とご家族、両方のMCLを検査させていただきます。一度ご相談下さい。

難聴の原因の一つは聴覚神経の損傷。生活改善で改善するかも!?

あなたの難聴が、もし聴覚神経の損傷が原因の場合は、ビタミンB12が有効かも知れません。
ビタミンB12は神経の栄養になると言われています。
サプリではなく、食品からビタミンB12を取りたい場合は、豚肉などの動物性蛋白質に含まれています。

ビタミンの他に、新聞の通販広告などで、蜂の子やローヤルゼリーが紹介されることがあります。
これは昔からの言い伝えによるものでしたが、2008年および2009年に、蜂の子とローヤルゼリーが聴力回復に有効であることを示す研究結果が発表されています。
ただし、この研究は「耳鳴りをともなうう難聴者」だけを対象にしたものです。もし、あなたの難聴が耳鳴りをともなうのであれば、蜂の子やローヤルゼリーを試してみるのも良いかも知れません。保証はできませんが。

聞こえの困りごとは、いつでも何でもプロショップ大塚へご相談下さい。

補聴器はあわてて買わないで下さい。補聴器の無料貸出はこちら


友だちとシェアする

この記事は
私が書きました

大塚 祥仁

この記事は大塚祥仁が書きました

2006年から補聴器の仕事を始めました。もっとも確実に、よく聞こえる方法をご提供することが、私のミッションです。皆様によく聞こえる生活をお届けするため、毎日毎日、聴覚医学の論文を読み、デンマークやドイツの研究機関と連絡を取り、時には欧州へ勉強に行き、海外から研究者を招き勉強会を開催し、国内の社会人大学院へ通い修士号まで取ってしまいました。本Webページでは、補聴器、難聴、耳鳴りなどについて、確かな情報や最新の情報をお届けしていきます。ご相談の方は、お気軽にご連絡ください。

人気の記事を見る
  • プロショップ大塚は補聴器専門店です
  • 補聴器がはじめての方
  • 一度補聴器に失敗した方
  • 耳が遠い方のご家族様
  • 補聴器を買う前に
  • 3ヶ月無料お試し
  • 店舗紹介・地図
  • ご購入までの流れ
  • メーカー比較
  • 補助金について